CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

VWトゥアレグ国際試乗会

投稿日:


人気モデルのフルモデルチェンジである。見た目にはキープコンセプトの部類に入るだろうが、VWは中身で真面目な勝負をかけてきた。ポイントは3つ。


1: およそ1割に相当するダイエットに成功
2: ハイブリッドモデルの設定やアイドリングストップなど燃費は約2割向上
3: 内外装の見栄え質感が大幅アップ
VWトゥアレグ
見た目には、顔つきを今風VW顔(ダ・シルバフェイス)としたため、遠くから見るとでっかいゴルフに見えるが、近寄ってみれば先代のイメージをよく引き継いだキープコンセプトデザインであることが判る。特にリアビューはトゥアレグそのもの(当然だが)。
ただし、より長く、より幅広く、そしてより低くなっているので、水平基調のグリルと相まって、とてもスポーティに見える。特に、サイドシルエットの肉感的な流れは、先代にはなかったエレガントさとスポーティさの融合が見て取れた。
さらに驚くのが、インテリアの質感向上だ。もはやアウディA6レベルである。アウディが一般化した高品質ソリューションをVWがついに使い始めたということだろうか。VWがこれをやってしまうとアウディはさらに上を目指さざるをえない。それもまた、楽しみ。
低くなったが、ヘッドルームに不満はない。実寸でも広がっているようだ。それよりも前席ならショルダースペース(幅増しが利いている)、後席ならレッグスペース(ホイールベース増が利いている)の、それぞれ拡大が嬉しい。見栄えともども、フルサイズの高級SUVとしてとても居心地のいい空間に仕上がった。
パワートレインは現在、4つ発表されている。日本に導入予定のない2つのディーゼルターボ(V6とV8)、そして日本仕様となるベーシックな3.6リッター直噴V6、これまでのガソリンV8に代わって待望のハイブリッドモデルの4タイプだ。ミッションは全てアイシン製8AT。V6系にはもれなくアイドリングストップ機能が備わる。
ハイブリッドについて補足しておくと、スーパーチャージャー付3リッター直噴TSIエンジンにモーターを組み合わせたもので、いわゆるパラレル方式。ただし、ATとエンジンとの間にデカップリングクラッチがあり、同じパラレル式のインサイトなどとは違って、発進から50km/hまでEV走行が可能である。電池はニッケル水素。もちろん回生ブレーキシステム付き。
VWトゥアレグ
フィレンツェ市内を、まずはハイブリッドで走ってみた。最近のVWらしく、非常にしなやかな乗り心地である。それに大型SUVならではの重厚感が加わって、VWではあるが高級なライドフィールだ。荒れた舗装面ではちょっとつっぱった感もあるが、許容できる範囲。特にEV走行中は、エンジンの存在がないため、ささいなことにもセンシブルになっている。ロードノイズなど、割り引いて考えた方がいいかも。
モーターアシストが加わったときのパフォーマンスはV8級である。それは間違いない。けれども、ホントはV6級の必要十分パフォーマンスを、たとえば4発と組み合わせて実現して欲しかった。V8狙いでくるというのは、高級路線の証。アウディやMベンツ、BMWなら判るが、VWはもう一歩、進んで欲しかった。それだけハイブリッドは手間もかかるし、金もかかるということ。そう思うとプリウスやインサイトは奇蹟的である。
ガソリンV6に乗り換える。ここ一発の瞬発力こそディーゼルはもちろんハイブリッドにもかなり遅れを取るが、それでもパフォーマンス的には必要十分だ。直噴ゆえ、低回転域でやや野暮ったいが、それ以外は8速あるATと相まって、ウルトラスムース。クルマの仕上がりの良さが光る。
驚いたのは、ディーゼルパフォーマンスだった。特に800NmのV8TDIは恐るべしのひとこと。身がぎゅっと凝縮して、弾丸のようにワインディングを駆け抜けた。ティグアンより軽快である。
(All About)

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

no image

2代目になったシトロエンC5

ハイドラクティブサスペンションシステムは全車標準 シトロエンラインナップのミッドレンジを受け持つC5シリーズ。C5としては2世代目に当たる。シトロエン・プジョーPSAグループにおける最大の乗用車用FF …

no image

三菱ギャランフォルティススポーツバック

手頃なサイズ、実用的なハッチ、そして高性能。3拍子揃う ギャランフォルティスそのものは、’07年半ばにデビューしたコンパクト/ミディアムサイズの4ドアサルーンだ。そもそも北米など海外マーケ …

テスラ・モデルXは走る実験車両で、事故はドライバーの責任?!

事故は2018年4月29日、綾瀬市の東名高速上り線で発生しました。海老名サービスエリア-横浜町田インターチェンジ間で、渋滞で停車していたバンにオートバイが衝突してしまったんです。 事故に遭ったライダー …

no image

初の量産市販電気自動車、三菱アイ・ミーブ

未来を先取りすることに価値を認める人に 電気自動車そのものの歴史はガソリン内燃機関よりも実は古いが、石油の20世紀を経てようやく量産市販電気自動車が登場した。三菱のi-MiEV(アイ・ミーブ)はその名 …

no image

シトロエンC6の登場は来秋?

ディーゼルエンジンには感激 いやあ、いいですねえ。フワフワしてませんが、滑るようにフラットな乗り心地です。段差があろうと、ブレーキを踏もうと、加速しようと。姿勢がほとんど変わらない。どこまでも気持ちい …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー