CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip スクープ

MT版アストンマーティン・ヴァンキッシュ

投稿日:

vanquish_3.jpg
日本には入ってきてないかもしれませんが、アストンマーティン・ヴァンキッシュSの最終40台は
「ウルティメート・エディション」としてMT仕様が用意されていたんですって。
セミATは時代の流れとともに進化しますから、今となっては古臭いトランスミッションですよねぇ。
そう感じるオーナーに朗報です!アストンマーティンのホームページを見て、驚きました。
ぬぁんと、ヴァンキッシュ/ヴァンキッシュSを対象にセミATのMT化プランが用意されました。
車をイギリスまで送り込む必要がありますけど、MT化ならびにダッシュボード交換も行います。
Manual Conv._8dc0f8b5-5aa0-44d8-9ac1-c3952cfc3702.JPG
写真右のダッシュは2006年モデル以降のやつで、新しくデザインされたものです。
気になる値段ですけど・・・、2006年までのモデルが1万1500ポンド(約150万)+消費税、
2006年以降のモデルが1万4000ポンド(約180万)+消費税ですって。
残念ながらイギリスまで持ち込むのは別料金です。
ホントにヴァンキッシュに惚れ込んだ人は、試してみる価値アリですね。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, スクープ

執筆者:

関連記事

意匠登録からトヨタの新型モデル発覚?

フランスのL’Automobileがスクープしたネタです。 EUの意匠登録検索で発見し、新エコカーの登場ではないかと騒がれています。 かなり大胆なデザインゆえに、新世代のパワートレインを連 …

お金持ちはクルマの忘れ物をする!その1

イギリスのタブロイド紙、DAILY STARに面白い記事がありました。 ジャーメイン・ペナントはプレミアリーグ、ストーク・シティFC所属のサッカー選手です。 もちろん、稼いでいます。28歳にして、年俸 …

日本車がカッコ悪いって誰が言った?

邦題「ワイルド・スピード」は日本車のチューニングカーをメインにした、映画です。 そもそもは、ゲーム「グランツーリスモ」がアメリカの若者に大きな影響を及ぼしたとか。 そんな影響を受けてか、ドイツでは8月 …

no image

コルベットはレースの血が混じってるの

シボレー・コルベットは、アメリカが誇る「スポーツカー」の代名詞的存在です。 でも、ちゃんと認識されていないのかもしれません。 どちらかといえば「マッスルカー」? シボレーのYouTube動画を見ると、 …

ロールスロイスが売れるならウチも?!

ロールスロイス・ファントム辰年エディションは、手作業による”辰年”カスタムがなされた中国専用スペシャルモデルです。限定販売台数が公表されていないところがミソだと思うんですが・・ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー