CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

“ちょっと贅沢”なハイブリッドサルーン、トヨタサイ

投稿日:

小さな高級車の庶民版

トヨタサイ
一連のリコール問題で生産停止にまで追い込まれたサイ(SAI)だが、プリウスよりも”ちょっと贅沢”なハイブリッドサルーンというコンセプトそのものの魅力は未だ色あせていない。


ハイブリッドシステムは、基本的にプリウスと同じ構成だと考えていい。ただし、エンジン排気量を2.4リッターとすることで、余裕の動力性能と室内パッケージを実現。もちろん実用燃費はプリウスに劣っているが、同じ”広さ”の従来型サルーンに比べればかなりの好成績だから、ミドル~アッパークラスからの乗り換え層やプリウスでは物足りないと感じる(そしてもちろんハイブリッドカーが欲しいと思っている)ユーザーにとって、格好の選択肢だといえる。
トヨタサイ
レクサスHS250hとは兄弟車の関係だ。一見ほとんど同じように見えるほどよく似た空力スタイリングだが、細部のラインやデザインが異なっている。もちろん、マスクやリアビューの雰囲気は全く違っていて、サイの方がよりワイドで安定したクルマにみえるから不思議。
トヨタサイ
トヨタサイ
ダッシュボード回りのデザインはHS250hとほとんど同じ(ただし高級感の演出では負けている)と言っていい。センターが前席の間までぐっと伸びてくる独特の形状で、自然と左手がくる位置には、HSと同様にリモートタッチが配されている。これはナビゲーションやオーディオ、エアコンなどの操作を手元で行うもので、SUVなど画面モニターが遠くにあるクルマに有効だ。トヨタ(レクサス)ではRXに初採用している。操作スイッチそのもののデザインはHSと異なっている。メーターはオプティトロンタイプ。見やすい上方の位置にハイブリッドシステムインジケーターが備わる。
トヨタサイ
ひとことでそのインプレッションを言えば”でかいプリウス”だ。決してスポーティではないけれども、低い位置に重量感のある落ち着いた走りをみせ、安心して乗っていられることは確か。レクサスHS250hと比べても、不思議と”柔らかみ”があって乗りやすい。静粛性ではプリウスよりも上だがHSには負ける、といってもかなり静かなレベルだろう。小さな高級車の庶民版、としてHSよりもオススメはできる。
一般的に言って、クルマはこれで十分満足できるのかも知れない。とはいえ、20世紀的なクルマの一体感を重んじる向きには、プリウスと同様に上屋と下屋に分離した、奇妙な乗り味に感じられるし、決して自然な走りを体感させてくれるわけではない。むしろ、モーター一本で走ってくれた方が納得のいく走りだと思う。そこにある種の”複雑性”を感じずにはいられない。
本当に環境のために燃費を考えるのであれば、乗る側も大きさを求めてはいけないとも思うし、ハイブリッドということで、そこそこの金額を余計に求められるという事実にも、スマートな最新のテクノロジー性を感じることができない。
従来のクルマと同じ土俵で評価することも、まだ躊躇われる。そのあたり、ハイブリッドカーの課題とするか、人々の意識の問題とするか、が評価の分かれ目。実用の世界においても、クルマの成り立ちの前提条件がそれぞれ違ってきた以上は、値段と燃費そしてシステムだけで、全てのクルマを分類/評価することが難しくなってきた。
(Car@nifty)

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

40年間埋もれていた300SLロードスター

最近、「バーンファインド」という言葉が日本語でもクルマ好きの間では大分、周知されてきましたね。Barn Findは直訳すれば、物置き小屋で発見、って感じです。つまりは“置き忘れ”・・・。 面白可笑しく …

レース中に一般車両が侵入してくる、おぞましいサーキット?!

ブラジルのインテルラゴス・サーキットで危ないけど・・・、つい笑ってしまう出来事が立て続けに起こっているようです。 まず10月下旬、「メルセデス・ベンツ・チャレンジ・レース」開催中に一台のミニが突如サー …

エロ画像・動画配信の女性メカニックがクビに

つい最近、BUZZFEEDで報じられていた“事件”に興味を持ちました。タイトル通りではあるのですが「自由」、「職場での規律」、「誰が悪いのか」のバランスが非常に難しいので、まずは事実だけを列挙してみま …

no image

フルモデルチェンジしたホンダライフ

デイリー多目的ユースに割り切った本気の移動ツール フルモデルチェンジで狙うのは、先々代のユーザーだと開発陣は言い切る。70万台以上の”大票田”を逃さぬために、ホンダはあえて&# …

no image

スズキMRワゴンは可能性の宝庫

ターゲットを徹底的に絞った軽自動車 軽自動車もついに細かな商品戦略が必要な時代になってきたようです。

Facebook

アーカイブ

カテゴリー