CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

着せ替えできるプジョー1007

投稿日:

小さくて可愛いだけじゃない、プジョー

1007、面白い存在になりそうですねえ。206シリーズで大ブレークしたプジョーですが、また新しいムーブメントを起こしそう。でも個人的には、あんまり”小さくって可愛いクルマ”って印象になって欲しくないんですけどねえ、プジョー。


205、106、306、206と、日本でのヒット作はみーんな小さいプジョー。フランスのエスプリなんて感じで”カフェオレ&シャンゼリゼ”。大きなプジョーもすごくいいのに、小さくオシャレなイメージだとどうしても大きなプジョーが人気薄になってしまう。607とかええですよ。中古でしかもう買えませんけれど。
さて1007のポイントは2つ。電動両開きスライドドアと、着せ替え内装です。
両開きスライドドア、日本のミニバンじゃ当たり前の装備ですけど、小さいクルマとしてはユニーク。片開きならトヨタポルテなんてのもあったけど、あれじゃバランスが崩れちゃう。街乗り限定、って感じ。でも1007みたいに両側ならまずその点は問題なし。実際、高速道路でも乗りましたけど、ちゃんとしてました。ちょっと上屋が重い感じはしますけどね。かえってしっとりしていていいかも。
電動ドアはリモコンで開けられます。もちろんドアノブに手をかけて軽く引っ張ってもOK。中からも同じで、ダッシュ左右のボタンかノブを引っ張って開け閉め。小さいクルマのドアがこんな開き方すると、みんな驚きますよ、けっこう。注目浴びてましたし。ランボルのオーナーとかに(笑)。ムービーをご覧ください。
ただちょっと気になるのは慣れちゃうと、自動での開閉中の時間が長いなあって思ってしまうこと。手動モデルを用意するのも手かもしれませんねえ。待っていられない気もするなあ、雨んときとか。安全機能はしっかりしてました。ちょっと障害物に触れるだけで、停止しますから。まかり間違って腕を挟むなんてことにはならないはず。乗り降りそのものはラクですよ。後席へも意外にスムース。もうちょっと苦労するかなって思ってましたから。
乗ったのは1.6Lモデルでしたから、フツウに過不足なく走ってくれました。2ペダルのセミATもかなり制御が上手くなってきていて、不快なほどにギクシャクしない。でもマニュアルの心得がある人の方が上手に運転できるでしょうけれど。乗り味はけっこうプジョーっぽい。いい感じ。
で、着せ替え内装。このアイデアいいですねえ。+3万円でインテリアのイメージをがらっと変えられるなんて!しかも、自分で着せ替えできるんですよ。ドアトリムとかシートの一部とか。面白い。きっとすぐに日本車が真似しそうな気がします。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

ポルシェ・ケイマンGT4にRS追加?!

いやぁ、ヤラかした感たっぷりの話題が飛び込んできました(笑)。オーストラリアのCar Adviceが拾ってきたのは、ブリスベンにあるポルシェディーラーのインスタグラムにおける呟きです。ケイマンGT4の …

Jalopnikがポルシェミュージアムの倉庫へ

自動車王国が大好きなJalopnikがポルシェミュージアムの倉庫に招かれたようです(本当は新型カイエンとパナメーラのアダプティブクルーズコントロールの試乗会のようですけどね)。たまに自動車評論家先生の …

1966年のVWビートルのTVコマーシャル曲

1966年に作られたVWビートルのTVコマーシャルが話題を呼んでいます。ちょうど1500ccモデルが投入された時期で、1300ccモデルと並んで登場しています。まぁ、とにかくご覧になってください。 っ …

no image

ハマー最小モデル、H3に乗った Part2

古き良きアメリカンSUVの味 エンジンは直5の20バルブ、3.5Lです。220psありますが、乗った印象でいうと、ややアンダーパワー。特に出足でもうちょっとガガッと勢いがあれば、なお良かった。

no image

豪雨のサーキットとセビリアでスーパーレジェーラに試乗

6月に富士スピードウェイで行われた、ランボルギーニガヤルドの軽量スパルタン仕様、ガヤルドLP570-4スーパーレジェーラの試乗会。 豪雨のサーキット試乗の”インプレッション”を …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー