CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

開通前の首都高中央環状新宿線山手トンネルで日産GT−Rを見て思ふ

投稿日:2007年12月6日 更新日:

本日、12月6日から始まる日産GT−Rの“発売”を記念して、その前夜、記念パーティが開かれた。
ところは、12月22日に開通する首都高山手トンネル。開通前の首都高をGT−Rが走るという。セレブもたくさん来るという。黒と赤のドレスコードだという。新宿のハイアットリージェンシー横に19時までに来いという。寒かったが、行った。黒いスーツ、黒いシャツ、赤いネクタイ。クロとアカ。十分だろ?
スペース7に付くと、真っ白なファントムエクステンドが居た。いやはや、格好良すぎて息が止まりそうになった。日本一のスーパーカー持ちとして有名なお方。なるほど、そういう感じなのね、今夜。
山手トンネルまでは1ボックスで移動。中野長者橋入り口で“中”に潜る。おおー開通前だ!とむやみに嬉しい。何でかわからんけど。しばらく、たぶん青梅街道と大久保通りの間?くらい、出入り口から400mあたりで降ろされた。
反対車線、つまりは内回りでイベントが行われるようだ。センターステージ前はもうすでに取材陣でいっぱい。有名人が来るんだという(ま、この時点で誰が来るからプレスはみんな知っていたけれど)。
同業者を何人か見つけ、GT−Rチーフデザイナーの長谷川さんも発見し、心細くもなくなって、始まりを待つ。「まだ公道じゃないよね。じゃ300キロ出して欲しいな」とか、「スピンターンぐらいしてくれなきゃ」とか「チューブトンネルなんだからいっそのこと飛んできてくれてもいい」などと軽口を叩く。「排気音がジーティーうぉおおおおあ〜るって聞こえたら楽しいよね」。勝手。
日産のチーフデザイナー、長谷川さんとパチリ

照明が暗くなり、向こうでかすかにエンジンの音がした。来るぞ!いっせいにカメラがあっちこっち向く。トンネル中って方向がわかんないのよねえ。で、来た、と思ったら、行っちゃった、みたいな。そんなに出してないはずだけど、けっこう速く見える。音もこもっていていいな。
2台走っていった。しかも内回りを南から北へだから逆走。そういうシーンはもう見れない。ほどなく、2台は戻って来てセンターステージを挟む所定の位置へ。照明の位置からしてボクの目の前に止まるはずが、ちょっとずれている。おいおい、それじゃケツしか見えないぞ。これがホントの、頭隠して尻隠さず。
頭隠して尻隠さず

COO志賀さんのスピーチ。終わると、もう1台のGT−Rが。助手席には・・・。スーパーカーの助手席が一番似合う女性に選ばれたと言えば・・・。米倉涼子さん。ふうん。
志賀さんだけカメラ目線だ!

志賀さんのスピーチ模様

ボクは別に興味ないから、盛り上がる取材陣を余所に、大混雑の中心部から避難してきた志賀さんと、デザイントップの中村史郎さんと捕まえ3ショット。観光客気分だね。
志賀さん、中村さんと

ボクはそれだけで帰りました。閉所暗所恐怖症なもんでね。
で、山手トンネルでGT−Rを見て思ったこと。早く渋谷、さらには湾岸線まで繋げてくれぇって感じだった。ちなみにこの中央環状線、二年後に渋谷まで、平成25年度には南大井町まで繋がるらしい。
それにしてもこのトンネル。日本の建築技術の極致でもあるぞ。素晴らしい。
後ろ姿の米倉涼子

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

関連記事

no image

俺たちのミッレミリアPart17

ところが、このストレートが途方も無く長かった。 時間のある人はスペインの地図を探してみて欲しい。 マドリッドからコルドバへと向かう高速道路だ。まるで定規で線を引いたかのような直線になっているのが判ると …

no image

仕事風景の一部

アストンDB9ヴォランテから、ポルシェターボ&ボクスター、ランボルガヤルド、ゴルフにフィアット、ジャガーにルノー、アウディのSやベンツS600、白くてぎらんぎらんなハマーH2まで、お!ナローポルシェま …

石油会社がEV充電設備の拡充を加速

石油会社、ロイヤル・ダッチ・シェルがオランダのNewMotion社(2009年設立)を買収したことに注目しました。New Motion社はヨーロッパ西部においてEV充電ネットワークを構築しています。ち …

売出し中

TIIDAの購入が決まってから、納得しない点が1つあった。 ホンダのライフが51万円しか値をつけていない。走行距離9000キロ弱、車検は5月までのバニラカラー。 ちなみに108万円で2年前にディーラー …

no image

俺たちのミッレミリアPART4

「あと1時間もあるんだよなあ。」 気分は、ラウンジ備え付けの高級リゾート仲介雑誌に山ほど載っている陽光燦々と降り注いだバカでかいプール付きの家々からのあざ笑いでひと際、暗く沈みつつあった。そういえば、 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー