CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

スーパーカーでスーパーカーを迎えにゆく

投稿日:2007年12月7日 更新日:

前日にナンバーが無事に付いたという知らせを受け、
予定通り、日産プリンス東京販売の鮫洲店へ向かう。
朝10時半に納車、の約束。
新型GT-Rは“マルチパフォーマンス・スーパーカー”だと日産は言っている。
ならば、敬意を表してスーパーカーで迎えにゆこうと思い立つ。
我が家のスーパーカーとは、フェラーリ365GT4BBランボルギーニカウンタックLP400
お迎えに出向いた2台のスーパーカー

プリンス東京の皆さんには、GT-Rの初期納車の真っ最中にまったくもって迷惑な連中だよな、
だったと思うが、スーパーカーを売っている以上、こんなクルマの突然の来訪も今後あるかも。
そのときはぜひ、「うちのクルマの方が速いけど、あんたのも格好いいですなあ」という気持ちで対処してもらうといい。
なんて、生意気に言ったりして・・・。
ビニールシートは自分で剥がしたい、と思ってそのままにしてもらっていたが、
いざやってみると上手く剥げない。
ビニールだらけ・・・

オドメーターは89キロ。ちゃんとテストしているんだね、やっぱり。

とはいえ、ナラシは絶対必要だとか。エンジン、ミッション、ブッシュ類。
きっちりあたりを付けて慣らすには、最低2000キロ必要だという。
さてさて。来週もう比較テストなんだけどなあ。
既に取材で乗っているので、レクチャーも最小限。なんとなく新鮮み、有り難みがないんだよなあ。
だから自分のクルマが初めて、なんてやってみたかったのだど、
この仕事をする以上、できっこないよね。事前に触らない、なんてことは。
グッズもたくさん展示されていた

個人的には背の高い(これでも!)クルマをスーパーカーと呼ぶのはどうかと思うが、
だから“マルチパフォーマンス”なんだよね、と納得するしかない。
ただし、その性能は我が家の先達2台を足して走ったとしてもまるで及ばない領域だろう!
なんでも早速筑波でテストしたところがあったらしく、
仮ナンのド新車をプロが軽く乗って1分3秒台だったらしい。
攻めれば2秒台は確実。ただし、筑波じゃ舞台が狭過ぎるかも。
最高速300キロだぜ、いや、こっちは302キロなのだ!
と無邪気に騒いでいたあの時代から30年。懐かしい。長いような、短いような。
今、300キロは誰もが手に入れることのできる世界になった。
それが、果たしてどんな“幸福”を生むのか。
どんな問題提起をするのか。
世界のジドウシャにどんな影響を与えるのか・・・なんて難しいことは考えずに、
まずは持てる性能をフルに引き出せるよう、腕を磨きたいと思っている。
サーキット、行こうかな。
その前に。ナラシに行こう!と思いきや、誰も古いスーパーカーに乗って帰ってくれないという。
仕方なく、納車後初ドライブはスタッフに任せることに。
ボクは、もっとも乗り辛いBBで鮫洲店を後にした。

余談だけれど、BBに比べればカウンタックなどユーノスロードスターのように乗りやすい。
でも、エンジンとかドキドキするんだよねえ、BBは。
そのあたりは12/10発売の「特選外車情報Fロード」に、福野礼一郎さんとのBBドライブで
詳しく語っているので、ぜひご覧下さい。
GT-Rとの付き合いについては、スーパーカー雑誌「GENROQ」で連載する予定だ。
そちらの方も、よろしく。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

関連記事

no image

ファイアーバードトランザムの郷愁

そいつは、真っ白な大きな体に、青い火の鳥を羽ばたかせ、並居る名車(ケンメリスカイラインGTXからロータス78まで)が並ぶその”駐車場”で、大いに異彩を放っていた。 ハニカムのホイールは金属の質感も十分 …

100万円

追い金、100万円。 ATMでは一日に50万円までしか引き出せません。 サラリーマンは、平日に銀行に行くことは出来ません。 ネットバンクは50万円?以上振込みできません。 ということで、2日に分けてコ …

no image

俺たちのミッレミリアPART5

Y編集長と私は、仕方なく、扇形に広がった列とも言えない列の、ここが最後と思しき場所に陣取った。チェックイン時に私の後ろにいた中国人の団体は、すでに交渉を終えたのだろう、ブースの脇で談笑している。何とい …

ピエヒ元VW会長は排ガス規制偽装を知っていた?!

日本ではさほど騒がれなくなりましたが、VWのディーゼル車における排ガス規制偽装の続報です。昨日ドイツのDer Spiegelが、フェルディナント・ピエヒ元会長(写真右側)がドイツ警察当局に明かした内容 …

no image

俺たちのミッレミリアPART9

最初のインターチェンジで、早くも道を間違えて、高速道路をおりてしまった。こうなると、いっきに不安が募る。運良く、行きたい道と並行に走る一般路におりたので、細かな道路標識に従っていけば、もう一度同じ高速 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー