CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

俺たちのミッレミリアPART14

投稿日:

久しぶりの更新です。ミッレミリアの続きです。
バルセロナからサラゴサを抜けて首都マドリッドへと続く高速道路は、バルセロナ前後の状態と比べて、明らかに道として見劣りするものだった。電気なんかほとんどないし、路面もざらざらだし、曲がりくねっているし。そんな中を、懐が寂しい状況で駆けぬけるのは、歓びでも何でもなかった。
セアトアルテアは快調に走ってくれている。けなげ、でさえある。こんな状況に陥っても尚、クルマの機能はクルマとしてあり続けてくれる。頼るべきはクルマでしかなかった。
夜明けにはまだ数時間あるというのに、さすがは首都に向かう幹線高速だ。サラゴサあたりでは、真冬の海のリゾートホテルのように、寂しくほとんど貸し切り状態だったのに、クルマがわさわさと増え始めたのだった。やはりというべきか、荷物を積んだ商用車が多い。出勤にはまだ時間があるし、スペイン人が我々の想像するよりも勤勉だったとしても、我々を上回るほど勤勉であるということもあるまい。
要するに私は、現金のない不安を太陽の光を見ることで解消できるのではないか、などという心境にまで陥っていた。そんなことをYさんに言ったら最後、頭のねじが緩んだかねじ切れたかと思われるに決まっている。私は、内心の動揺を隠すかのように、無理矢理、鼻歌混じりで見るからに運転を楽しんでいる風情を演じていた。
クルマが多くなったとはいえ、渋滞するほどではない。それに、まだ夜が明けていないから、遠い景色が見えるわけでもない。人とクルマの気配を感じるだけマシというぐらいのもので、アルテアは淡々と距離をこなしてゆく。ここまできたら、クルマも人も同体なのだった。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

関連記事

no image

ファイアーバードトランザムの郷愁

そいつは、真っ白な大きな体に、青い火の鳥を羽ばたかせ、並居る名車(ケンメリスカイラインGTXからロータス78まで)が並ぶその”駐車場”で、大いに異彩を放っていた。 ハニカムのホイールは金属の質感も十分 …

no image

高速燃費は8km/lオーバー

近々、筑波サーキットを走らせる(詳細は1/26発売のGENROQ誌で是非!)ということもあって、 それまでに4千キロ近くまでもっていきたかった。水野さん曰く、ナラシが終わって4千キロぐらいで 本調子に …

フェラーリ販売店の不当解雇訴訟が大問題?!

アメリカ・フロリダ州のフェラーリ正規販売店「Ferrari of Palm Beach」に対して、元営業マンから不当解雇の訴訟が争われています。しかし、もう不当解雇の論点よりも、訴状に書かれているほか …

メルセデスベンツAtoZ

先日、日産から”日産AtoZ”たる冊子が送られてきた。 アルファベットになぞられたBI(ブランドアイデンティティー)戦略の代物であった。 そういえば、去年メルセデスベンツAto …

no image

次のタイヤは…

気持ちよさげな交差点があったので、 Gをかけながら曲がろうなんて思ったら真横になってしまい、 カウンターあてながら、四輪ドリフトで抜けるはめになりました。 ワイパーのスイッチが非常に近く、急いでハンド …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー