CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

なぜか、ムカツク。

投稿日:2007年2月26日 更新日:

政治や経済を討論する、とある番組にて。
Y氏「北海道では、出席停止にした子供たちを牧場に送るんです」
F氏「それはいいアイデアですね。ただ、東京ではその”牧場”を一から作らなきゃいけない」
Y氏(やや慌てて)「いやいや、牧場じゃなくってもいいんです」
F氏(やや呆れて)「いやいや、牧場という考え方、云々・・・」
(例によって強引な司会者により、話題は別の方向へ・・・)
こうゆう展開、けっこうあるよな。仕事でも、遊びでも。こっちの比喩が通じなくて、いらいらすることって。すぱーっとひと言で決めたいのに、ぜーんぜん伝わらない。下手すりゃ、お門違いな反論が返ってきたりしてね。
得た教訓。相手の性格や会話能力をしっかり把握して、喩えなきゃだめだ。
自宅から白金まで歩く。小一時間。やっぱりというか、知らないコト・モノだらけで、ここまでくると感動を通り越して、なかば呆れ気味。訳知り顔なんですよ、我々は、だいたいからして。自戒の念をこめて・・・。
家の近所に、現代彫刻なんちゃらって施設がある。バスが停まるとき、そういやそんなアナウンスがあったよな。でも、一度たりとも、訪れようという気にならなかったな。とまあ、そんな場所。
知らない路地をずんずん進んでいると、偶然、行き当たった。お寺がやってるらしい。いくつか面白い作品が、野外に無料展示されている。テラスもあって、そこからは恵比寿や目黒方面が見渡せる。祐天寺あたりは高台なのだ。
青空がきれいだったので、少女の写真を撮った。

その姿に、なぜか気分がよくなって、そのまま恵比寿まで歩く。ふだん、クルマで通っているのに、景色がまるで違ってみえる。ぼやけていたものが、急に1つ1つはっきりと見え出すような、そんな感覚。初めてめがねをかけたときも、たぶんこんな感じやったやろね。
恵比寿ガーデンプレイスの、脇の公園の、路地の行き止まりに、通るのも躊躇うような階段があって、降りたその先に、小さなレストランがあった。
白身魚とトマトを和えた生パスタが、美味かった。

朝っぱらのムカツク討論なんか、もうどうでもよくなっていた。
今日の西川君
・乗ったクルマ
シトロエンC6、ランボルギーニカウンタックLP400
・書いたクルマ
ノーライティングデイ
・読んでた本
ノーリーディングデイ
・旨かったぁ~なもの
ノーイーティングデイ、なんか無理だろ、じっさい!!
恵比寿・イル・バッフォーネでランチコース(白金豚のグリルも良かったな。デザートがフツウすぎ)

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

駐車禁止

やられた。 正確に言うと、僕の親父である。2日の朝、車を洗おうと思って家の前においてホースを伸ばしてバケツを用意して車に戻ると駐禁のステッカーが貼ってある..。これには親父もぶち切れた。教職(地方公務 …

アメリカでリコールされたBMW i3から分かったこと

アメリカではBMW i3が燃料漏れの恐れがあるとして、リコールされることになりました。「えっ?!」っと思った方、鋭いです。なぜならi3は電気自動車だからです。もっと鋭い方は、i3のオプションで用意され …

俺たちのミッレミリアPART1

順調すぎるときこそ、覚悟を忘れるな、である。 好事魔多し、とよくいうが、べつだん目出たくも良くもないが順調といった流れのときでも、魔はいたるところに潜んでいるものだ。 その日の夕方、ルボランY編集長と …

no image

俺たちのミッレミリアPART16

マドリッドを少し出たあたりで、給油することになった。まだ外は暗い。 ホテルが隣接する薄暗いスタンドに乗り入れる。 もちろんセルフ給油で、カードを使えることを確認してのピットインだった。 タンクを満タン …

B170

妹のところにB170が納車された。 契約から納車まで、だいたい1ヶ月ってとこですね。輸入車なんて在庫商売なのに、なんでそんなに時間がかかるのだか不思議です。 E240に乗っていたころ時々、代車として乗 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー