CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report へぇ 新車情報

GMの歩兵分隊車両はほぼ市販車

投稿日:2020年7月2日 更新日:

日本には正規輸入されていない「シボレー・コロラドZR2」は、アメリカではミッドサイズ・ピックアップトラック、という位置づけのモデルです。まぁ、ミッドサイズとは言っても、そこはアメリカです。全長5403mm×全幅1948mm(ミラー含まず)×全高1834mm、ホイールベース3264mm。なかなかデカいですよね?

そんなコロラドZR2をベースにした、アメリカ陸軍の歩兵分隊車両が誕生しました。部品の9割は市販車と共通、だそうです。シャシーはもちろん、エンジン(2.8lデュラマックス・ディーゼルターボ)もトランスミッション(6速AT)もサスペンション(マルチマティック DSSVダンピングシステム)もコロラドZR2と共通。つまりは、コスト削減に役立つ、ということでもあります。

とはいえ、649台を214億3000万ドルで納入しています。なお、アメリカ陸軍は追加で1416台の発注枠(予算確保は済んでいる)を持っている、とのことです。性能的に優れていた、ということもあるのでしょうが、コロナ禍においても、HERTZ倒産を受けても、GMの売上ポテンシャルとして見ておくべきポイントでしょう・・・。

っで、このZR2ベースの歩兵分隊車両は、GM傘下にある「GMディフェンス社」という会社からリリースされました。昨年、この歩兵文体車両開発でイギリスのリカルド・ディフェンス社と提携を結んでいました。

リカルド・ディフェンス社って、リカルド社傘下。おっ?リカルド社って、そういえばミニのエンジンを開発してませんでしたっけ?んで、マクラーレンはエンジンの製造を委託している先でしたね。“あの”マクラーレンF1のトランスミッションを開発・製造したのも・・・、リカルド社でしたね。ん?ブガッティ・ヴェイロンのDCTもか。うーん、GMの話だったけど、リカルド社に興味が・・・。

もとい。

GMディフェンス社のホームページが興味深いです。というのも、同社が燃料電池を絶賛イチオシ中であるように見受けられるんです。現在、水素は天然ガスから生成されていますが・・・、技術革新により水から容易に水素を取り出すことを考えているように思えてなりません。

車両での活用は知れたところですが、アメリカ海軍が開発中の無人潜水艦にGMディフェンス社開発の燃料電池搭載で、1000時間以上の稼働実証実験確認済み・・・、だとか。おまけに燃料電池を活用した小型発電機の開発も行っているようですね。

NECのような軍事兵器製造反対、という平和主義を理解しないわけではないですが・・・、やっぱり軍事兵器には最先端技術が集う気がしてなりません。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, へぇ, 新車情報
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ベントレー販売苦戦から垣間見える不況

ベントレーが不景気の底は見えた、と発表しました。気になる今年の販売見通しは約5000台。 多いようにも、少ないようにも捉えられる数字ですが、2007年に比べたら半分です。 ここ最近、ヨーロッパやアメリ …

潜水艦?軍用艦?単なる個人所有船です

ロシア人大富豪、アンドレイ・メルニチェンコ氏(38歳)がオーナーです。 元セルビア人モデルの美人奥様の誕生日に、ジェニファー・ロペズを呼ぶような人です。 船はフィリップ・スタルクが手がけたそうです。 …

やっぱり不景気は一般庶民の悩みか?

イタリア・モデナのデュカルパレス・ミリタリー・アカデミーで発表された、 フェラーリ最速の公道マシン、「599GTO」、続報です。 一応、北京モーターショーでもお披露目される運びらしいのですが、 599 …

シボレー・シルバラードで解体作業?!

地球温暖化の映画で盛り上がったアメリカ。 トヨタプリウスが「エコだから」と大人気のアメリカ。 シボレー・ヴォルトを一生懸命売ろうと頑張っているアメリカ。 様々な電気自動車を投入して脱・化石燃料を謳うア …

パガーニの開発車両が全損事故に遭遇

以前から自動車王国でご紹介しているパガーニ・ゾンダの後継車、9C。 南アフリカでテストしていることは、結構報じられてきていました。 目新しいことが少なかったので、あえてテスト車両は取り上げませんでした …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー