CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

パリで乗ったシトロエンC6

投稿日:

一目惚れしてしまいました・・・

よ!待ってました、なクルマって、久しぶりだなあ。とにかく、ボクにとっては待望の試乗です。シトロエンC6。ジュネーブに出てきて、フランクフルト、そして東京と、個人的にはモーターショー3大会連続優秀(市販車の部)って感じで。一目会ったその日から、ってやつですわな。


試乗会はパリを基点に行われました。シャルル・ドゴール空港でクルマを受け取り、シャンパンで有名なランスまでの往復で試す、という具合。フランスの田園カントリーロードとオートルートA4をばっちり走ってきました。こもだきよし大先輩の隣だったので緊張してましたけどね・・・。
実物はこれまで3度見たことになりますが、お外で見るのは今回がはじめて。シャルル・ドゴール空港近くのホテルのパーキングにずらりと並ぶダークグレーとシルバーグレイのC6。それぞれ10台づつ。圧巻。この段階で”ええな”状態だもの、公平な目で見れませんって。いいのよ、しょせんボクは自動車趣味ライター!冷静な目でクルマを評価なんかできませんから。んもう。
最初に乗ったのは、155kWの3LガソリンV6搭載モデル。トランスミッションは6ATのみの設定です。
コクピットはC4ほど奇抜じゃないけど、独特の雰囲気がありますね。背が割と低い(1464mm)なので、乗り込むのはよっこらしょ感覚ですが、座ってしまえば問題ナシ。ドアパネルにあるシート位置の調整スイッチが使いよい。
鍵はイマドキ、鍵方式。まあ、いいでしょう。ボタン慣れしているのは、一種の業界病かも知れないし。
小雨がパラつく中、走りだします。プジョー407なんかと同じエンジン&ミッションですから、取り立てて特筆すべきことをいきなり感じさせるようなもんでもありません。それよりも、やっぱり乗り心地でしょう、知りたいのは。あの、独特の、空飛ぶ絨毯感覚が味わえるのかしら・・・。
個性的なシトロエン車ですが、日本人愛好家はごく一部。下に掲載されている中古車物件やカタログから、どんなモデルがあるか見てみてください!きっと見逃していたクルマがあります。
次回はC6の走りについてお届けします!

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

ブルネイ国王が所有していた、チゼータV16Tがアメリカに!

ランボルギーニ・カウンタックやディアブロをデザインしたマルチェッロ・ガンディーニが手掛けた、チゼータV16T。ディアブロ用に描き上げたスケッチがベースで、当時ディアブロとして不採用とされたデザイン案が …

no image

新型エスティマはカッコいい

押し出し感ばっちりで、走りも進化 横から見ると、サイドウィンドウとルーフサイドのデザインがすごくカッコいい。カタログ見てそんな風に喜んでいたのですが実はこれ、旧型と全く同じイメージなんですねぇ。ちょい …

no image

アウディA6がマイナーチェンジ

新エンジンはダウンサイジングでもパワフル アウディブランドの中核となるA6/A6アバントは、いわゆる欧州Eセグメントに属するモデルで、M・ベンツEクラスやBMW5シリーズが直接のライバルである。国産車 …

高速道路走行中に道を尋ねられた?

カザフスタンで撮影された、この動画が話題になっています。雪が降りしきる高速道路を走っていたトラックの集団が遭遇したのは・・・、ロシア製のヘリコプター「Mi-8」です。そりゃ、驚きますって(笑)。 撮影 …

高級住宅地の道路が私人の手に渡った?!

1948年まで白人専用高級居住地区だった、アメリカ・サンフランシスコ近郊のプレシディオ・テラス。Googleストリートビューで見ればわかるように・・・、今でも豪邸40軒が立ち並ぶ高級住宅地です。ゲート …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー