CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

パリで乗ったシトロエンC6

投稿日:

一目惚れしてしまいました・・・

よ!待ってました、なクルマって、久しぶりだなあ。とにかく、ボクにとっては待望の試乗です。シトロエンC6。ジュネーブに出てきて、フランクフルト、そして東京と、個人的にはモーターショー3大会連続優秀(市販車の部)って感じで。一目会ったその日から、ってやつですわな。


試乗会はパリを基点に行われました。シャルル・ドゴール空港でクルマを受け取り、シャンパンで有名なランスまでの往復で試す、という具合。フランスの田園カントリーロードとオートルートA4をばっちり走ってきました。こもだきよし大先輩の隣だったので緊張してましたけどね・・・。
実物はこれまで3度見たことになりますが、お外で見るのは今回がはじめて。シャルル・ドゴール空港近くのホテルのパーキングにずらりと並ぶダークグレーとシルバーグレイのC6。それぞれ10台づつ。圧巻。この段階で”ええな”状態だもの、公平な目で見れませんって。いいのよ、しょせんボクは自動車趣味ライター!冷静な目でクルマを評価なんかできませんから。んもう。
最初に乗ったのは、155kWの3LガソリンV6搭載モデル。トランスミッションは6ATのみの設定です。
コクピットはC4ほど奇抜じゃないけど、独特の雰囲気がありますね。背が割と低い(1464mm)なので、乗り込むのはよっこらしょ感覚ですが、座ってしまえば問題ナシ。ドアパネルにあるシート位置の調整スイッチが使いよい。
鍵はイマドキ、鍵方式。まあ、いいでしょう。ボタン慣れしているのは、一種の業界病かも知れないし。
小雨がパラつく中、走りだします。プジョー407なんかと同じエンジン&ミッションですから、取り立てて特筆すべきことをいきなり感じさせるようなもんでもありません。それよりも、やっぱり乗り心地でしょう、知りたいのは。あの、独特の、空飛ぶ絨毯感覚が味わえるのかしら・・・。
個性的なシトロエン車ですが、日本人愛好家はごく一部。下に掲載されている中古車物件やカタログから、どんなモデルがあるか見てみてください!きっと見逃していたクルマがあります。
次回はC6の走りについてお届けします!

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

ポルシェ911(現行型)のテールランプは謎?!

現行ポルシェ911はテールランプが左右横断型のLEDとなりました。なーんか、部品メーカーの押し込みじゃないか、と思わせるほど、最近のドイツ車で横断的に採用されていますよね? Jalopnikが指摘する …

アラブのシークが乗っていたレクサスLS400

ポーランドのKomfort Transという中古車販売店に、不思議なレクサスLS400(日本名:トヨタ・セルシオ)が販売されています。2代目セルシオの輸出モデルなんですが・・・、ストレッチリムジン化さ …

ポルシェがサングラスを無償供与!?

  “ベージュインテリアのポルシェ車に乗るオーナー(リースユーザー含む)に北米ポルシェ社がサングラスを無償供与”という内容の記事がMOTOR TRENDにて報じられていました。何のことやら、 …

Jalopnikがポルシェミュージアムの倉庫へ

自動車王国が大好きなJalopnikがポルシェミュージアムの倉庫に招かれたようです(本当は新型カイエンとパナメーラのアダプティブクルーズコントロールの試乗会のようですけどね)。たまに自動車評論家先生の …

no image

走れて、使えて、広いラクティス

いずれはワンメークレースも開催? 2世代目ヴィッツの変り種第1弾。写真で見たときには、ノートのトヨタ版かと思っていたが、現物はさにあらず。どちらかと言えば、ハイトワゴンを無理やりノート風に見せたって感 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー