CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

シトロエンC6の登場は来秋?

投稿日:

ディーゼルエンジンには感激

いやあ、いいですねえ。フワフワしてませんが、滑るようにフラットな乗り心地です。段差があろうと、ブレーキを踏もうと、加速しようと。姿勢がほとんど変わらない。どこまでも気持ちいい。ああ、気持ちいい。


今度のサスは、前ダブルウィッシュボーン後マルチリンクですが、前に3つ、後ろに4つのスフィアが付いています。つまり、アシ1つずつに1個ついて、アクスルにも1個もしくは2個。それぞれソレノイドで独立させることができます。
以前のようにブレーキやステアリング系統と共通ではなく、完全にアシ専用。それを電子制御することで、さまざまな場面でシトロエンらしいウルトラフラット&しっかり柔らかな乗り心地を作り出すというわけ。
だから普通に走っている場合はもちろん、減速しながらコーナーに進入するようなときでも、つんのめることがない。なんでもアクセルやブレーキの状況に応じてスフィアを細かくコントロールしながらスカイフックな足さばきと、ロードホールディング重視の足さばきを自動的にスイッチするそうで、特に減速時のフィールなんかは独特。つんのめらないから停まる気がしなかったり・・・。でも最初だけです、違和感あるのは。
ガソリンV6は、まあ普通です。もともと、とりたてて回して楽しいエンジンじゃないし、パワーもトルクもごくごく普通。それよりも、復路で乗った2.7ディーゼルターボ。ありゃ、良かった。C6の乗り味にぴったり。最高出力は150kWですが、最大トルクは440Nmもある。しかも1900回転から。そりゃ、290Nm/3750rpmのガソリンエンジンじゃ相手にならんでしょう。ことC6に関していえば、ガソリンを選ぶ意味がほとんどありませんね。ディーゼルとの相性ばっちり、です。速いし、中にいる限り、音も振動もガソリンとほとんど変わらない。407クーペもそうでしたけどね。
とにかく乗りながらずっと、”ええな、ええな”と言ってましたもの、ボク。多分一緒に試乗したこもだサンは辟易したでしょうね。でも、こもだサン、昔CX乗ってらしたって。モダンだけどあの味があるって、気に入っておられましたよ、C6。
面白い装備としては、照射高を調整できるヘッドアップディスプレイや、レーンを乱すと尻に振動で伝えるレーン・デパーチャー・ウォーニング、リアのラウンジパッケージ(リクライニングと助手席スライド)、そしてアクティブ・ボンネット(歩行者保護。スプリング式)を挙げておきましょう。もちろん、リアシートの広さは十二分!
あ、そうそう、車高ですが、4段階あります。シャコタン、ノーマル、中高い、高い。シャコタンで置いておけば、存在感は100倍(笑)。
邦貨にして680から700万円。日本もほぼ同じぐらいだとすれば、おいそれと買えるクルマじゃありませんが、その価値は十分にあると思います。
専用ナビゲーションも検討中とか。ああ、益々欲しくなってきたなあ。外装黒で内装も黒。でも、ディーゼルはないだろうな。向こうでは7、8割がディーゼルになるってヨミらしいのに・・・。書きたいことはいっぱいあるのですが、それは日本仕様がやってくるとき(たぶん来秋)まで、とっておきましょう。
最後にひと言・・・ディーゼルが欲しいなぁ・・・しつこいって?!

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:

関連記事

no image

スズキアルトラパンは制約のなかの優れもの

超実用車なのに遊び心もちゃんと盛り込んできた 軽自動車は、超のつく実用車。だから燃費ももっとがんばってもらいたし、いつまでも生活者の味方でいて欲しい。その一方で、あまりにクルマとして完成度が高くなりす …

no image

スズキMRワゴンは可能性の宝庫

ターゲットを徹底的に絞った軽自動車 軽自動車もついに細かな商品戦略が必要な時代になってきたようです。

no image

フルモデルチェンジしたホンダライフ

デイリー多目的ユースに割り切った本気の移動ツール フルモデルチェンジで狙うのは、先々代のユーザーだと開発陣は言い切る。70万台以上の”大票田”を逃さぬために、ホンダはあえて&# …

no image

2代目日産ムラーノに乗ってきた

初代の出来映えが良かっただけに、残念 4年でモデルチェンジは通常のサイクルだが、SUVスペシャリティカーとしては、「え? もう? 」という気がしないでもない。実際、初代ムラーノのデザインは決して陳腐化 …

no image

レクサスRXが日本で発売開始

静かで覇気がなく、味もそっけもないところなどもLS譲り 日本におけるレクサスブランド待望のSUV。プレミアムブランドへの言わば登竜門的な存在だ。レクサスRXといえば、以前は日本名ハリアーの対外レクサス …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー