CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

一回り大きくなったトヨタRAV4

投稿日:

親しみやすいコストパフォーマー

例に漏れず、フルモデルチェンジで随分とでかくなりました!
従来比で、全長+180mm、全幅+80mm、ホイールベース+70mmです。それでも単なるおデブさんに見えないのは、全高をちょい(5mm)下げたから。トレッドも拡がって、最小回転半径は旧型よりほんのわずかに小さくなっています。


RAV4をライトクロカンなんて言ってた時代が懐かしゅうございますな。ミニバンの「ミニ」同様に、アメリカさんから見ればこれでもライト。ちゃんと乗れるライト出さんかい!という市場の要求に応えた次第。
事情は、ライバルも同じです。スズキエスクード、三菱アウトランダー(エアトレック後継)、みんなだいたいこのサイズ。アウトランダーだけが3列7人乗りを用意していますから、ちょっと長くて立派に見えますが。
もっとも、このRAV4もロングがあるんです。しかもV6。エスクードの2.7なんかとライバルになるやつですね。そっちの方はクルーガーいらずな格好よさ。
それにしても、絶妙な値付けですなあ。197万4000円から247万8000円ですよ。アウトランダー(詳しくは右のカタログ情報をチェックしてください)、ひとたまりもない・・・。エンジン性能はイコール、でもCVT7速。インテリアの豪華さでも勝ち。全長短いとはいえ、7人乗りがいらんって人にはカンケーないですし。4.4m切った方がラクっちゃラクですから。
そう考えると、どうせオーバー2リッターなんだから、エスクードの2.7はお得感あります。
走りはどうか。スポーツっていう一番高いグレードに乗ってみました。18インチタイヤを履いて、オーバーフェンダー仕様になっているのが特徴。メカニズム的には、S-VSCとアクティヴ4WDの協調制御とか、ヒルスタート、ダウンヒルコントロールなんていう最新流行クロカンアイテムをびっちり積み込んでいます。
新しいFFプラットホームというだけあって、もはや背の高いクルマ特有の”腰下ぶるぶる”感はありません。とてもカッチリと走る。アウトランダーやエスクードもそうでしたから、もうそんなことで驚いてはいけないのですが。
特に、街中での乗り心地。18インチということでたまーにバタバタしますが、平素はいたって快適。ぶよんぶよんな感じもなきゃ、もちろん、がっちがちもない。70km/h前後のフラットな爽快感こそアウトランダーに負けている感じもしますが、嫌味はありません。きっと17インチはもう少ししっとりしていることでしょう。
ライバル3台、出揃いました。最終的には”カタチで選びましょう”なんですが、どうやろね。長く付き合うなら、走り味に飽きのこなさそうなエスクード。コストパフォーマンスと親しみやすさでRAV4。高速クルージング重視でアウトランダーという感じでしょうか。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

ブルネイ国王が所有していた、チゼータV16Tがアメリカに!

ランボルギーニ・カウンタックやディアブロをデザインしたマルチェッロ・ガンディーニが手掛けた、チゼータV16T。ディアブロ用に描き上げたスケッチがベースで、当時ディアブロとして不採用とされたデザイン案が …

コルベットC8にマイナートラブル発覚?!

ミッドシップになった新型コルベット(C8)でちょっと話題になっているのが、フロントフードが走行中に開いてしまう現象です。 YouTubeを漁ってみると、パフォーマンス・データ・レコーダー(PDR)で録 …

ポルシェ911が1日当たり9300円で乗れる?!

2017年からアメリカ・アトランタで始まった、ポルシェの“サブスクリプション”。今ではラスベガス、フェニックス、サンディエゴ、ロサンゼルスで展開されています。 表左側の「LauchTier」プランだと …

no image

BMW3シリーズがマイナーチェンジ

走りが楽しめる、という点ではライバルたちを寄せ付けない 「BMWらしさ」とは簡単に言うと、普段遣いでも乗ってわくわくできること、だといえるが、それをベーシックにかつストレートに表現しているのが3シリー …

no image

ヒュンダイグレンジャーに乗った

アジアンテイストは欧米向けか? 最近、韓国では自国の新型車が日本車に似すぎだという批判などが相次いでいるみたいですね。爆発的に売れている新型サンタフェ(インフィニティFXに似ていると言われている)を筆 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー