CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

新型MLはオフローダー Part1

投稿日:

M・ベンツらしさも得た実力派

オフの王者Gクラスと違って、オンロード志向の強いSUVとして生まれたはずのMクラス。前作は、最後の方は良かったけれど、どうしてもトラックくささの抜け切らぬ、あかぬけないオンロードSUVでした。もっさりしたハンドリングなんかは、個人的には個性だと思っていましたけどね(笑)。BMWのX5とかと比べられた日には、太刀打ちできません。これがM・ベンツ??と思った方も多かったはず。


もうそんな心配はいりません。2代目、見紛うことなくM・ベンツです。めいっぱい、フルフル、120%。特に高速道路。ML500をテストコースで試しましたが、180km/hとかでもへっちゃら(でしょう)。ぜーんぜん恐くない。その圧倒的な安心感たるや、M・ベンツそのもの。びっくりしました、これほどまでとは。
スタイリングは見ての通り、Mらしらを残しつつも、新型Sクラスにも見られるような最新M・ベンツトレンドをブレンドしたもの。VWトゥアレグのようなプレーンな押し出しの強さはありませんが、M・ベンツらしいいかつさはありますね。特にスポーツパッケージのグリル・・・速そうだ(笑)。
タウンスピードでのねちっこい走りもM・ベンツ。デカいけど取りまわしがいいので扱いはよいなんてところもM・ベンツ。すぐに体になじんで、方向転換なんかも初乗りでするするできてしまうのもM・ベンツ。悔しいけど、出来の良さを感じさせるM・ベンツ。
ただ、BMW7シリーズにも採用されているステアリングコラムからニョキっと生えた電子セレクターレバーは、慣れが必要。といっても、まあ、1日も掛からないけれど。ウィンカーレバーと今更間違う人もそういますまい・・・。
オンロードの実力もさることながら、磨きが掛かったという点ではオフロード性能の向上も見逃せません。仕組みはまるで違うけれど、同じグループのグランドチェロキーも顔負けのオフローダーです。
特にML500に用意されている42万円のオフロードパッケージ仕様。数々の電子デバイスとともに、エアマチックサスを導入しました。3段階でマックス110mmも車高を高くできますから、日本でやっちゃいけませんが、川渡りなんかもラク。しかも高速走行時には車高が下がって安定させる機能もついています。
ムービーは、ダイムラー・クライスラー・ジャパンの広報マンが運転するMクラスです。いやぁ、自分で運転するのもスリリングですが、周りで見るのもスリリングなダートコースです。Mクラスの性能の凄さがお分かりいただけるでしょう。
次回も、この続きを!

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“新しい乗り物!?” ミニE

日産リーフ試乗に登場したミニEを写真で紹介。 たとえば、この日の午前中に乗った同じくEVのミニEは、既存車両をEV化したゆえの物理的アンバランスが、ちょっとしたコク=ユニークな走り味を生んでいて、好き …

no image

アルファ159は世界基準に接近

大きくなって静かになって大人向け ずいぶん、大きくなりました。大人気を博した156シリーズの後継ですな。今から思うと156ってやっぱりいい形しているよね。大きさも日本ではちょうどよくて。改めて乗ると、 …

最新ディーゼルを積むEクラスステーションワゴン

無給油で東京~伊勢往復をこなす、ブルーテック セダンのように曲がりくねった高速道路を快適かつ高速に走れて、荷物をたくさん(場合によってはミニバンより実質的に多く)利便よく積めるステーションワゴンは、古 …

no image

BMW3シリーズがマイナーチェンジ

走りが楽しめる、という点ではライバルたちを寄せ付けない 「BMWらしさ」とは簡単に言うと、普段遣いでも乗ってわくわくできること、だといえるが、それをベーシックにかつストレートに表現しているのが3シリー …

no image

フルモデルチェンジしたザフィーラ

ドイツ製3列シートワゴンの実力 ザフィーラといえば、ヨーロッパ車初のコンパクト7シーターミニバン。99年に本国デビューを果たした初代モデルは、その”ミニバンらしからぬ”走りの確 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー