CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

アルファブレラ試乗続編パート3

投稿日:

本音トークのインプレッション

最初に乗った試乗車が、そのハズレV6+18インチだったものですから、えらくがっかりしたものです。足元が重くて、ワクワクするエンジンの盛り上がりもなく、ただただ淡々とテストコースをこなす感じ。エンジニアも、中にはそういうのがあると言ってました。なんでもピニンファリーナ生産ということで、本格生産前のクルマの精度を上げることができなかったとのこと。生産モデルは問題ないようです。


ただ、159には感じられた、V6+Q4の絶妙に面白い走り味は少し影を潜めました。ショートホイールベースになり、ジオメトリーやショック、スプリングそのほかにも微妙に違うチューニングを施した結果なのでしょう。動きの予測がし辛いというか、エキセントリックさに磨きが掛かったというか。馴れるまで時間がかかるような、ちょっと違和感のある乗り味です。これは18インチでマックス、17インチで多少ぬぐわれますが、それでも同じ傾向にあることは否定できません。
比べて、直4FFの17インチは、とってもアルファらしい。身を捩じらせながらも不安ではなく快感をドライバーに与えながら、ヒラリヒラリとコーナーを駆け抜ける。実にアルファらしいFFハンドリングで、古臭いといえばそうなのですが、アルファファンとしては嬉しい限り。
18インチでは、ちょっとFFらしいことがハナにつきます。反力も大きいし。サウンド的にはV6が捨てがたいのですが、直4のシャープな振れ(回転オチは悪いけれど)とトルクノリの良さは、ハズレのV6よりよほど力強く感じられたほどです。パワー的にも十分でしょう。
逆にいえば、V6には以前ほどの、乗り手を挑発する、音を聞くだけで血が滾る、そんな勇ましさは感じられない、ということでもあります。もっとも、そのへんの国産&欧州産V6よりは断然スポーティですけどね!あくまでも、以前のアルファユニットと比べて、です。GTAユニットとかは、ちょっとした財産かも知れませんね。未来のエンスーエンジンでしょう!!個人的には、GTVやスパイダーの3.2V6も、今のうちだとオススメしておきます。
ブレラに話を戻すと、静粛性や乗り心地に関しては、159同様に”これがアルファなのん”というぐらいに、いい。これは素直に喜びたいですね。だって、日頃はストレスというかけしかけられずに乗りたいものですから。日常の非日常がアルファらしかったのかも知れませんが、それじゃアルファは死にゆくばかり。日常性の獲得は急務だったのでしょう。ボクは歓迎します。へたれアルファファンやと指差されようと。
性能面で気になったのは、ブレーキでしょうか。効きはいいけどフィールがね、と相変わらず。でかキャリ仕様ではノーズダイブも大きく、気持ちいい制動ではありません。ま、ロールをしっかり出してコントロールするアルファらしい乗り味ですから、そのへんは合わせてあるのかもですね。
高速安定性も問題なし。ハンドリングにもアルファらしさが残っていて、日常性も手に入れました。そして、何よりもこのカタチ!!ボクは欲しいですよ、素直に。ハッチゲートが開いた黒いブレラのリアは、ちょっとハカイダーみたいだし(古っ!)。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日産フェアレディZマイチェンPart3

エンジニアとの同乗試乗をしました 日産リバイバルの象徴として華々しくデビューを飾り、確実な進化を遂げているフェアレディZだが、そろそろ次期型の噂も聞こえてきた。一体、どんなクルマへと生まれ変わるのでし …

no image

M・ベンツの新型車、Bクラス

Aクラスより実用的なモノフォルムワゴン 去年のCLS以降、ベンツの積極果敢な新商品攻勢には目を見張りますなあ。CやE、Sといった王道は王道で貫く一方、その周辺まで固めつつあるというか。CLSとか、はじ …

no image

海外試乗会の舞台裏をご紹介!

イイもんですけど、結構ツライです インターナショナル試乗会とは、一体何か。まあ、簡単に言ってしまえば、新型車お披露目の試乗会なんですが、日本メーカーが日本で日本人向けに行う試乗会と違って、たいがい世界 …

DIYで自動運転装置を搭載できる?!

MITテクノロジー・レビューに面白い記事がありました。アメリカ・ネブラスカ大学に通う大学生が、DIYで自動運転装置を作った、という話なんです。しかもDIYにかかったコストはハードウェアのパーツ代のみで …

no image

BMW3シリーズがマイナーチェンジ

走りが楽しめる、という点ではライバルたちを寄せ付けない 「BMWらしさ」とは簡単に言うと、普段遣いでも乗ってわくわくできること、だといえるが、それをベーシックにかつストレートに表現しているのが3シリー …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー