CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

オーテックバージョンのZ期間限定発売

投稿日:

フェアレディZバージョンSTタイプG

40代以上のクルマ好きには、たまらんのじゃないでしょうかマルーンのボディカラーにGの文字・・・。240ZGを思い出させます。5月31日までの期間限定販売車です。


いいスポーツカーに成長したと思いますよ。カタチに惚れてZではなくスカイラインクーペを買ったボクが、思わず”クーペ売ったら追金ナンボかな”と思っちゃいましたから。
ボクは昔からスカイラインと同じぐらいZが好きだし、このZ33って大学の大先輩・湯川さんが商品企画やっていることもあって、ホントは自分でも乗っておきたいクルマの1つ。しかも、ここまで熟成が進むと購入本気モードになりますな。
前後異径サイズのタイヤを遂に履きました。もうそれだけで見栄えや存在感、オーラが変わります。マイチェン後の雰囲気にも似合っているし。スパッツはちょい不細工だけど、仕方ないね。タイヤ、ちょっとでもはみ出ちゃいけないから。新しいショックを使うことでリアに19インチのワイドタイヤが履けて、街中の乗り心地をそれほど犠牲にせずに運動性能を高めることに成功しています。ハンドリングもいっそうFRスポーツカーらしいものになりました。さすが現代の名工、加藤博義テストドライバーの味付けです。
カベルネという名の、赤茶内装もいい感じ。個人的には、ボルドー系なんかも用意してくれればなあ、と思う。さらに、ダッシュ周りとかにもレザーを張ってくれると、もっとステキ。高くなってもいいから、そういう仕様が欲しいですねぇ。ロードスターなんかで、ぜひ!
そう舌なめずりしつつも、前期型のUカー相場が安くなっていたら嬉しいんだけど、とも思う西川なのでした。どうしてかって?
同業・シマシタ君と、”大人のドリフト族”を目指すことに決めたからなのです・・・。Z33、いいじゃない? 不惑のドリフト手習いには!!

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

no image

アルファブレラ試乗続編パート3

本音トークのインプレッション 最初に乗った試乗車が、そのハズレV6+18インチだったものですから、えらくがっかりしたものです。足元が重くて、ワクワクするエンジンの盛り上がりもなく、ただただ淡々とテスト …

備えあれば憂いなし、水没から愛車を守る!

アメリカではハリケーンが立て続けに南部を襲い、100万台が水没したのではないか、と噂されています。風が吹けば桶屋が儲かる、と言っていいのかわかりませんが、自動車の買い替え需要が旺盛になる、と前向きな意 …

ハイブリッドも、そうでないクルマも進化中

省エネであることが低燃費につながる ハイブリッドカーに採用されている技術はすべてが専用開発されたもの、というわけではありません。従来の内燃式エンジン搭載車で培った技術、そしてハイブリッドカー専用に開発 …

no image

新型ミニコンバーチブル極寒での試乗会

毎日オープン、どこでもオープン、のノリで楽しもう 2月の第一週に訪れたオーストリア、飛行機から降り立つと雪だった。にも関わらず、現場のスタッフに悲壮感はない。むしろ、この状況にあって”も笑 …

新興EVメーカーにピカピカの女性役員が就任!?

2019年、フォードはRivan(ライヴァン)というアメリカのEVスタートアップに5億ドル投資しました。アマゾンは7億ドルを同年2月に、そしてコックス・オートモーティブが9月に3億5000万ドル、T. …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー