CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

実はこんなファイルもありました

投稿日:

ボルボC70国際発表の舞台から

ボルボのオープンモデルC70は、フランクフルトショーでデビューし、東京モーターショーでもお披露目された。ちなみに「新着情報」ではJUNKO KOSHINOとのコラボレーション発表会が掲載されていました。


40&50系のプラットホームを活用しており、フロントマスクの雰囲気やインテリアデザインにそれらとの共通点が見られる。最大の特徴は、リトラクタブルハードルーフを採用して、クーペ&カブリオレスタイルとしたことだ。しかも、ルーフ専門会社であるWEBSCO社最新の方式である3分割システムとすることで、クーペ時のスタイリングを一層流麗に見せている。
百聞は一見にしかず!ムービーを是非ご覧いただきたい。本当にカッコいい、これは。
次回は安全についてのプレゼンテーション風景をお届けする予定。新着情報ネタに似ていると思われるかもしれないが、あくまでもジャーナリスト向けに行われた発表会なので、あしからず。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

no image

新型エスティマはカッコいい

押し出し感ばっちりで、走りも進化 横から見ると、サイドウィンドウとルーフサイドのデザインがすごくカッコいい。カタログ見てそんな風に喜んでいたのですが実はこれ、旧型と全く同じイメージなんですねぇ。ちょい …

no image

VWティグアンは小さくても本格SUV

タイガーとイグアナを足したネーミング ヨーロッパ市場では今、コンパクトSUVが人気だ。このカテゴリーを広めたのはホンダCR−VやトヨタRAV4といった日本車だったが、トヨタハリアー(レクサスRX)やラ …

no image

とにかく楽しいスイフトスポーツ

まるで高校球児のような存在です 何が面白いって、このクルマ、まずは全域で、元気で素直な高校球児みたいなクルマなんですね。呼んだら「ハイ!!!!!」って返事が大声で、かつ迅速に返ってくるような、そんなす …

no image

ヒュンダイグレンジャーに乗った

アジアンテイストは欧米向けか? 最近、韓国では自国の新型車が日本車に似すぎだという批判などが相次いでいるみたいですね。爆発的に売れている新型サンタフェ(インフィニティFXに似ていると言われている)を筆 …

no image

ザフィーラの燃料電池車に乗った

水素で走る環境に優しいクルマ開発中 新型ザフィーラの試乗は前回お届けしたとおりですが、試乗会では旧型ザフィーラベースの燃料電池車、ハイドロジェン3に同乗試乗させてもらいました。

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー