CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip エコカー最前線 へぇ 新車情報

ドイツのチューナーは環境にも優しい!?

投稿日:

「ABT」と聞けば、クルマ好きが思い浮かべるのはアウディ、VW、シュコダなどをターゲットにしたドイツの自動車チューナー「ABTスポーツライン」でしょう。

現在、ABTスポーツラインは「ABT Group」という親会社に属していて、並列にDTMやフォーミュラeといったレースシーンでも活躍する「ABTモータースポーツ」、ABTの洋服などを手掛ける「ABTライフスタイル」、そしてEモビリティを手掛ける「ABT Eライン」という合計4つのビジネスで成り立っています。

日本未導入ゆえにチェックしていなかったのですが、ABT Eラインは架装メーカーとしてVW商用車部門に認可されていて、VWトランスポーターキャディをベースに電気自動車を作っているそうです。実証実験用車両として相当数、ドイツの公官庁で採用されているとか。市販もされていて、一部のVW商用車ディーラーやABT特約店から購入できます。

ただ、ABT Eラインの現行EV(BEV)の航続距離はいずれも160㎞未満に過ぎません。

そこはABT自身も問題だと捉えているようで・・・、9月に開催されたドイツ・ハノファーで開催された「IAAトランスポテーション・ショー」にVWトランスポーターやキャディをベースにした燃料電池車を参考出品しました。

すると、市販化の要望が数多く届いたそうです。

気になる燃料電池がどこから調達されたものなのか、どのような性能を持っているのか、などは明らかにされていません。唯一、分かっているのは700気圧の水素タンクを2個~7個有する、ということだけです。

燃料電池を搭載した、ABTの商用車は温室効果ガス排出ゼロ、水素充填時間はディーゼル給油と同等、そして航続可能距離は800㎞程度を目指しているそうです。VWと距離が近いABTだからか、プレスリリースのBEVへの配慮が面白いです。

モビリティの未来は、効率的な理由からバッテリー駆動が主流になるとしても、燃料電池はニッチな用途、特にバン部門で大きな可能性を秘めています。水素の典型的なエネルギー密度は、現在のバッテリー技術では到底実現できないものであり、航続距離が重要な意味を持つ場合には、まさに強みとなるでしょう」・・・、ですって。

燃料電池研究、VWが直接やるのではなく、近しいパートナー企業を“フロント”にして、やらせている・・・、とは考え過ぎでしょうか?

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, エコカー最前線, へぇ, 新車情報
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ルイス・ハミルトン、ヤンチャ走りで捕まる

今週日曜に決勝を迎える、オーストラリアグランプリ参戦中のルイス・ハミルトン。 さすが2008年、オーストラリアGPチャンピョンらしく、練習では最速タイムを記録しました。 これに気を良くしたのか、ファン …

復活したフェラーリ・エンツォは最速記録樹立

以前、自動車王国でお届けした「復活したエンツォ」の続報です。 元は事故車両ですが、ツインターボチャージャーを搭載して見事に復活! ニュースをお届けした時点から世界最速記録樹立をもくろんでいたのですが、 …

ブルネイ国王が所有していた、チゼータV16Tがアメリカに!

ランボルギーニ・カウンタックやディアブロをデザインしたマルチェッロ・ガンディーニが手掛けた、チゼータV16T。ディアブロ用に描き上げたスケッチがベースで、当時ディアブロとして不採用とされたデザイン案が …

アメリカ人の車に対する情熱は、なかなか

ダッジ・バイパー、間もなく生産終了です。 これに伴い、パーツの供給が問題になってくる・・・、というのが一般的な話。 バイパー・クラブ・オブ・アメリカは「バイパー・パーツ・オブ・アメリカ」という法人を設 …

AMG A45Sのダブルレーンチェンジ・テスト・・・

今、自動車ニュース界隈を賑わせているのが、AMG A45Sによる「エルクテスト」や「ムーステスト」と呼ばれるダブルレーンチェンジ・テストの結果です。77㎞/hでは不合格っ!ってちょっとだけ話題です。 …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー