CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

回生ブレーキならぬ回生サスペンション!

投稿日:2013年8月29日 更新日:

ZFFFFF.jpg
トランスミッションメーカー大手、ZFが回生ブレーキならぬ、回生サスペンションの開発に取り組むそうです。単独ではなく、アメリカのLevant Powerという会社と共同です。まぁ、ZFには申し訳ないんですが、恐らくLevant Powerが主体の事業のように感じます(笑)。
っで、この回生サスペンションですが、油圧式のアダプティブ・ダンピングを用いていて当然、アクチュエーター内には電気モーターを搭載しています。これを使って発電するんですって。基本は路面の状況に合わせて油圧を調整する機構ですが、減衰時の振動から発電!
日本も床発電、振動発電の類、得意とする分野なハズなんで、そのうちカヤバあたりが取り組むんじゃないでしょうか?何がしかの”動き”があれば、そこにはエネルギーロスがあるわけで、そのロスを回収しようとするんだから面白いですよね。街中の宅配便のトラックやタクシーのドアって開閉数、一般的な車よりも多いですから、ドアヒンジでも発電できたりして?
ところでZFが取り組んでいたカーボンサスペンションって、どうなってるんですかねぇ?
Our Views
Regenerative brakes are becoming increasingly popular way to save energy on cars including racing machines. Recently, transmission giant, ZF announced they will be conduct a study, with Levant Power, in the world’s first fully active and regenerative suspension!
The new regenerative suspension will feature an innovative valve technology, which is composed of its own control unit, an electric motor and an electrohydraulic gear pump, that will be fitted to the outside of a ZF-developed damper. The gear pump will regulate the oil flow to the damper, enabling it to adapt optimally and automatically to the driving conditions.
To recover energy, the valve system will automatically use the swaying motion of the damper piston and guide the oil in the damper, driving the electric pump motor, which, in turn, will convert kinetic energy into electricity and feed it to the vehicle’s power supply.
On the side note, I wonder what is happening with the carbon suspension that ZF was developing…

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホイール・ブランドがなぜ?????

防弾・防爆仕様車のネタが好物な自動車王国なんですが、自動車雑誌からは一切、このネタを取り上げる動きはないようです・・・。しかし、めげません! アメリカにはLEXANIなるホイールブランドがあるんですが …

【ヌード閲覧注意】プーチン大統領におっぱい?

FEMENはウクライナのキエフを中心に活動するフェミニズム系抗議団体(創設2008年)で、トップレスで抗議することで注目を浴びています。衝撃度抜群、注目度抜群・・・、抗議の中身はあまり伝わらないような …

no image

エコカーの基本

ブラジルの会社が、こんな商品を作るんですと。 低価格、低公害、低燃費、必要最低限、がコンセプト。 要はバイクに車のボディを被せた、3輪車です。 もとはといえば、車ってこんなもんから、大きくなっていった …

シュールな会話・・・、ロシアから愛をこめて

タイトルにある「ロシア」という単語、この写真を見て・・・、ドライブレコーダーが捉えたシュールなことだと一目瞭然だと思います。はい、ご想像通り、ガードレール突き破って川に車ごと転落。 ロシア語でブツブツ …

no image

ジュネーブモーターショー関連動画

マセラティグランツーリスモは、日本でまだ納車が始まったばかり。 それなのにジュネーブモーターショーでは、グランツーリスモのハイパワーモデル、「S」が登場。 いやぁ、マーケティング部の失敗でしょう。オー …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー