CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

中国でパートナーにパクられるVW

投稿日:

VWshanghai.jpg
中国におけるVWのパートナーといえば第一汽車です。その第一汽車がもつブランドのひとつが、奔騰(ほんとう、英語表記「Besturn」)です。中国やロシアで販売されている「B50」と呼ばれる車が、ちょっとした物議を醸しています。


ドイツの経済誌HANDELSBLATTが報じたところによるとB50のエンジン、トランスミッションはVWのパクりであるとVW幹部が漏らしたそうです。寸法を微妙に変えていても特許権侵害には変わりないとか・・・。
2010年にもVWのエンジンが複製される事案があり、VWのヴィンターコルンCEOは第一汽車のジャンイー社長に苦言を呈したとか。ジャンイー社長、謝罪の意を表明するも結局、複製エンジンの量産を押し進めたというから面の皮が厚いです(笑)。
じゃ、VWが第一汽車を訴えるのかって?無理です。VWにとって第一汽車は欠かせない現地パートナーですもん。2018年には400万台市場ですし・・・。いやはや、それを分かってパクるんですからツワモノです。
中国といえば面子の国。こんなことして恥ずかしくないんですかねぇ・・・。VWだけじゃなく、中国に進出している様々な製造業が抱える悩みなのかもしれません。
Our View
German auto giant Volkswagen has become the victim of industrial espionage in China, where its local partner has allegedly stolen engine designs, the business daily Handelsblatt reported on Friday. However, there’s little VW can do about it.
This was not the first case of this kind. In 2010, VW blueprints were used to copy the EA 111 engine. VW CEO Martin Winterkorn complained to FAW boss Xu Jianyi who apologized, saying it was an oversight by an engineer. Despite the apology, FAW later built a factory in Changchun for the copied engine.
VW is not likely to openly fight against the copy.
China is its biggest market, where it plans to sell 4 million vehicles by 2018.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

no image

新型日産パトロールの写真が流出!

日本ではイマイチ知名度が低い日産パトロール。 本格派、4WDクロカンとして世界の荒野で愛されている車です。 トヨタランドクルーザーほど愛されているのですが、日本ではあまり見かけません。 流出した写真を …

意匠登録からトヨタの新型モデル発覚?

フランスのL’Automobileがスクープしたネタです。 EUの意匠登録検索で発見し、新エコカーの登場ではないかと騒がれています。 かなり大胆なデザインゆえに、新世代のパワートレインを連 …

M・ベンツEクラスに軽量モデル追加の噂

ドイツの自動車雑誌、Auto Bildが取り上げていたネタのご紹介です。どうやら2015年までにカーボンファイバーを多用した、軽量Eクラスの投入が噂されているようなんです。通常モデルに比べて350㎏の …

no image

ジュネーブモーターショーのまとめ動画

不景気でも、モーターショーは開催されています。 ジュネーブモーターショーの動画、お楽しみください。

ロールスロイスが売れるならウチも?!

ロールスロイス・ファントム辰年エディションは、手作業による”辰年”カスタムがなされた中国専用スペシャルモデルです。限定販売台数が公表されていないところがミソだと思うんですが・・ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー