CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

中国でパートナーにパクられるVW

投稿日:

VWshanghai.jpg
中国におけるVWのパートナーといえば第一汽車です。その第一汽車がもつブランドのひとつが、奔騰(ほんとう、英語表記「Besturn」)です。中国やロシアで販売されている「B50」と呼ばれる車が、ちょっとした物議を醸しています。


ドイツの経済誌HANDELSBLATTが報じたところによるとB50のエンジン、トランスミッションはVWのパクりであるとVW幹部が漏らしたそうです。寸法を微妙に変えていても特許権侵害には変わりないとか・・・。
2010年にもVWのエンジンが複製される事案があり、VWのヴィンターコルンCEOは第一汽車のジャンイー社長に苦言を呈したとか。ジャンイー社長、謝罪の意を表明するも結局、複製エンジンの量産を押し進めたというから面の皮が厚いです(笑)。
じゃ、VWが第一汽車を訴えるのかって?無理です。VWにとって第一汽車は欠かせない現地パートナーですもん。2018年には400万台市場ですし・・・。いやはや、それを分かってパクるんですからツワモノです。
中国といえば面子の国。こんなことして恥ずかしくないんですかねぇ・・・。VWだけじゃなく、中国に進出している様々な製造業が抱える悩みなのかもしれません。
Our View
German auto giant Volkswagen has become the victim of industrial espionage in China, where its local partner has allegedly stolen engine designs, the business daily Handelsblatt reported on Friday. However, there’s little VW can do about it.
This was not the first case of this kind. In 2010, VW blueprints were used to copy the EA 111 engine. VW CEO Martin Winterkorn complained to FAW boss Xu Jianyi who apologized, saying it was an oversight by an engineer. Despite the apology, FAW later built a factory in Changchun for the copied engine.
VW is not likely to openly fight against the copy.
China is its biggest market, where it plans to sell 4 million vehicles by 2018.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

ベンチシートがアメリカから消える日

北米で生産される乗用車から・・・、ベンチシートが消えるようです。現在、唯一残っていたシボレー・インパラも2014年モデルからベンチシートのオプションは廃止。というのも、現在のベンチシート(195ドル) …

no image

The power of dreams! Honda is cool!

昨年12月、自宅の芝生にホンダのロゴを刈り込んだ写真をFacebookにアップしたクリス・W という人物がいるそうです。芝生がある生活、羨ましいですよね?でも、面倒なんですよ(笑)。 ちょっとした遊び …

モナコ皇太子の結婚式のためのレクサス

モナコのプレイボーイ皇太子・・・、もとい、アルベール2世王子の結婚式に レクサスLS600hLが用いられる話題、以前にお届けしました。 その際の疑問は、公開されていた写真が前期型だったことです。 あれ …

no image

新型BMW5シリーズ組み立て風景

別に何の変哲もないのですが、まぁオートメーション化されている度合いは凄い。 エンジンも足回りもモジュール化されているんですね。 最近、こういう風景、あまり見せてくれませんしね。 組み立て精度、高そうで …

中国で苦戦しているエコカー販売の実情

エコエコブームは世界的な流れで、誰がどんなに反論を唱えようと・・・、進んでいます・・・。 日本では18カ月連続で販売トップはトヨタ・プリウスだった、と報じられたばかりですし。 個人的には日本のエコへの …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー