CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

M・ベンツとポルシェ聖地に速度制限?

投稿日:

greenparty.png
車好きなら「ドイツ」と聞いて思い浮かべるのは、制限速度がない「アウトバーン」でしょう。
混雑地域では速度制限が設けられているところもありますが、基本はぶっ飛ばし放題です。
と同時に、そんなアウトバーンでの走行を前提としているからこそ。
ドイツ車は高速安定性が高い、と言われ続けてきました。
自動車評論家の多くが使ったフレーズですし、キャッチコピーとしても美しいです(笑)。
「走行速度無制限、アウトバーン生まれの走り!」
スーパーコンピューターによる解析が今ほど進んでいない時代、
たしかにドイツ車とほかの車では、高速安定性にかなりの違いがあったように感じます。
ニュルブルクリンクという過酷なサーキットでの実証試験も功を奏していたのでしょうが、
速度無制限のアウトバーンでの走行テストだって行っていたはずです。
今でさえ、ポルシェのテストカーを見かけることもしばしば、のようですし。


そんなアウトバーン、しかもM・ベンツとポルシェの本拠地がある、
バーデ・ヴュルテベルク州で新たに政権を執った緑の党の公約が気になります。
選挙で掲げていた公約のひとつに、アウトバーンに速度制限(120km/h)を設ければ、
州としてのCO2排出量を30%削減できる、としているんです。
ニュルブルクリンクが存在する限り、M・ベンツやポルシェのイメージに打撃はないと思います。
そのニュルブルクリンク危機説もチラホラ・・・。
アウトバーン生まれが有名無実化してしまうのは、時代の流れなんでしょうか・・・。
Our View
Voters living in the state of Baden-Württemberg, Germany, home to Mercedes-Benz
and Porsche, have elected the Green Party to power. And change may end up being
felt on the Autobahn as one of the promises made by the Greens was to implement
a speed limit of 120 km/h on stretches of the Autobahn that are currently unrestricted.
Winfried Kretschmann, who could soon be named State Premier, says the
Autobahn contributes 30 percent of the area’s emissions. As long as Nürburgring
exists, not much harm has been done to both Porsche and Mercedes-Benz.
But it is sad that we may not be able to use the phrase “Born on Autobahn!” anymore.
Time changes many things, I guess…

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

no image

セルビアでのひとコマがテレビCMのよう

旧型シトロンC5なんですが、反対車線を走行しています。 はい、泥酔状態で中年男性が運転していました。 とにかくUターンさせて逆走状態をやめさせようと、警官は説き伏せます。 っで、素直に従ったように思え …

BMW Mセールスアワード参加者の声

先週、「BMW Mセールスアワード」が開催されました。 世界中のBMWディーラーで、M車の販売が多かったセールスマンの表彰式です。 っで、そんな参加者がM3Postというアメリカの掲示板にレポートして …

テレビCMってドラマと一緒?!

この手のピックアップは、アメリカやオーストラリアでは人気です。 商用としてのユーザーはもちろん、プライベートでも使い勝手が良いからでしょう。 使い勝手の良さと同時に求められるのは、文字通りの&#822 …

飲酒運転の暴挙には鉄拳制裁ってか・・・

飲酒運転で渋滞に突っ込み、もうハチャメチャです。 警察官はドアをこじあけ、殴る蹴るしてドライバーを引きずり出そうと(笑)。 反撃に出た酔っ払いは壊れた車で思いっきりバック、駐車中のポルシェ・カイエンに …

契約書のペンが・・・気になってしょうがない

中国のギーリーがボルボを買収する契約書をサインした際の写真です。 仲介に入った投資銀行が用意したのでしょうが、カルティエのペンなんです。 ついでにケースには、買収交渉を記念した専用プレート付き。 ルノ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー