CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ラルフ・ローレン氏はエンスー

投稿日:

コロラドをドライブしていた人による、投稿記事が掲載されていたのでご紹介しましょう。
別荘が多いこのエリア、ラルフ・ローレン氏(あのラルフ・ローレンのデザイナー/オーナー)も住んでいるのは、アメリカ人なら常識。
そんな彼が保有する真っ黒のブガッティ・ベイロンが目撃、激写されました。
しかも、ちょっとした会話まで繰り広げたそうです。
以下、抜粋
投稿者: どんな感じですか?
ラルフ:(笑いながら)凄いよ。君のシャツいいね(Poloを着ていたので)
投稿者:僕も好きです。
ラルフ:(自分の彼女に向かって)君のシャツもいいね(Poloのスウェットをきていたので)
彼女:どうも、これ彼のなんですけどね
投稿者:クルマはどのくらいお持ちなんですか?
ラルフ:1年くらいかな
投稿者:今までのクルマと比較ならないくらい速いんですか?
ラルフ:一応、法定速度は守ってるからさ・・・
投稿者:ですよね。
ラルフ:君はどう思うの?
投稿者:すっげーカッコいいっす。ムチャクチャっす。
投稿者:ごめんなさいね、追い掛け回して(発見後、しばらく追走した)写真撮って・・・。
ラルフ:大丈夫だよ。
投稿者:さようなら
ちなみに投稿者はこの会話から、デザイナーとしてのラルフ・ローレン氏よりもクルマ好きの側面に惚れてしまったとか。いやはやなかなかイイ話ですなぁ。
もっと写真を見るにはコチラ

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世の中には想定外がある、という典型例?!

ちょっと前まで自動車において「安全」といえば、M・ベンツとボルボが真っ先に思い浮んだものです。両社によるマーケティングも上手でしたし、実際優れていたと思います。時間が経つにつれ世界各国の衝突安全基準が …

ランボルギーニに抗議した中国人

中国でランボルギーニ・ガヤルドを購入する人って・・・、大富豪と呼んでいいでしょう。 いくら経済発展を遂げているとはいえ、都心部でさえ平均年収はまだまだ、です。 安い労働力こそが、中国の現在の強みですか …

ダカール・ラリー参加車両から大量のXXX

Photo credit: Marcelo Maragni/Andre Chaco/Gustavo Cherro/Red Bull Photofiles 写真はイメージです。 スペイン警察当局が、ダカ …

no image

ホンダシビックに浸ってみる

ホント、You Tubeは面白い。 いやはや、このサイトを盛り上げる役目の人間が、こんなに他社のサイトに感心していては・・・。 感心した、といえばこの動画ファイルは凄い! 3世代前のシビックなのだが、 …

ランボルギーニR6誕生!

ランボルギーニから新モデルの発表があった。 「R6」というこの巨漢、総排気量7.1l、6気筒エンジンを搭載。 していて、組み合わせるトランスミッションは前段40速、後段40速!! 価格は1000万円強 …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

Rental Web2b

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー