CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

テスラが抱える問題は離婚騒動?!

投稿日:

tesla_roadster.jpg
アメリカ・シリコンバレー発の電気自動車メーカー、テスラに関する話題です。
ロードスターは、世界で初めて市販された電気自動車で、
スポーツカー並みの加速性能を有することでも話題を呼びました。
っで現在、テスラが抱える最大の問題がCEOの離婚騒動なんです。
テスラのCEO(PayPal共同創業者です・・・)は、エロン・ムスク氏39歳。
テスラのほか、Space X(ロケット事業)CEO、Solar City(太陽光発電)会長なんです。
いわゆるネット長者ですね。
musk-divorce.jpg
離婚に伴って、小説家の奥さん(ジャスティン・ムスク)の要求がテスラには痛いんです。
ブログで要求を書いているのが、笑えます。
<要求リスト>
・現在住んでいる邸宅
・扶養手当、養育費(金額は不明)
・現金600万ドル(約5億5000万円)
・テスラ株式10%
・SpaceX株式5%
・テスラロードスター1台(心底欲しいんですって)
っで、この要求ですが、傍から見る分には1000億円長者のムスク氏にとっては余裕のはず。
でも、ムスク氏は裁判に持ち込む意思決定をなしたようです。
そして、裁判に持ち込むことが、テスラ社には大きなダメージなんです。というのも、
政府からの受ける予定の500億円弱の貸付金が入らなくなる可能性が出てきたんです。
政府貸付の条件が、エロン・ムスク氏が大株主で居続けることなんです。
貸付金がなくなると、すべての予定が狂うわけで、IPOもズレ込みます。
まさにテスラにとっては危機です。
もちろん、10%譲渡したところで、大株主には違いないのですが、
この離婚調停如何では、すべての財産の半分を失う可能性があるんです。
万が一テスラが倒産してもお金持ちには違いない、という点で嫉妬しますけどねぇ(笑)。
以下、エロン・ムスク氏の会社です。
テスラ社
SpaceX社
SolarCity社

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヴァージン・グループ総帥の粋は続く

ヴァージン・グループ総帥、リチャード・ブランソンは凄い人です。 一代で巨万の富を得ましたし、突拍子も無いことを実現させていきます。 宇宙旅行も間もなくですし、最近では深海ツアーも検討しているとか・・・ …

ロータスに忍び寄る危機

1996年からマレーシアのプロトンが親会社になっている、ロータス。実はこの15年間、一度も利益が出たことがないそうです・・・。12年振りの新型車、エヴォーラも出しましたし、まったく新しい最高峰モデルを …

アメリカe-Bayにて出品中!

コレ、見覚えありませんか? トム・クルーズが主演、スティーブン・スピルバーグが監督した「マイノリティリポート」に登場した、2054年のレクサスです!!なんでもこのコンセプトモデルは3台作られたそうで、 …

ブルブル震えるVWの新聞広告?!

新型VWポロ・ヴェント(日本名ジェッタ)のインドにおける新聞広告が話題を呼んでいます。「Feel the shiver of excitement?」というキャッチコピーです。”興奮の震え …

フェラーリ250GTOは水戸黄門の印籠

今年2月頃、フェラーリ250GTOが売りに出ている情報が世界を駆け巡りました。 RMオークションズが仲介を担当し、公に競られることはありませんでした。 シャシー番号4675GT・・・、世界有数の日本人 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー