CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

車離れは報道よりも悪い状況ではない!

投稿日:

12月とあって、1年を振り返る「企画」が様々なところで行われています。
驚いたのは「車ネタ」がまだまだ捨てたものじゃない、という点です。
Googlekeyword.jpg
Googleの「年間検索ランキング」において、東京の堂々1位は「オートサロン2010」!!!
biglobe.jpg
Biglobeの「2010旬感ランキング」における「相談室」では・・・「黄色い車が少ない理由は?」
という質問が第3位にランクインです!!
なぜに「オートサロン2010」が東京でそこまで検索されたのか、
なぜに黄色い車の少なさが相談室で盛り上がったのか・・・、謎です(笑)。
ちなみにDUPONTが発表した日本での人気色は1位白、2位シルバー、3位黒・・・、です。
06-dupont.jpg
せっかく色を認識できる眼があるんですから、楽しめばいいのに。
個人的には・・・、シャンパンゴールドが好きです。
もとい。
騒ぐほどの話じゃないですけど、車関連の話題が年間検索/相談にランクインするって、
ちょっと自動車媒体に携わる人間として、嬉しく感じた次第です。
オートサロン2011のチケット予約、出展者情報はコチラ
Our View
It is often said that people in Japan are losing their interests in automobiles especially
among the young generation. The biggest reason is that people are earning less
money and they are so keen on saving… for retirement or at least, that’s how the media
reports in Japan.
But as Google’s keyword search ranking shows, that may be false.
The most popular Google keyword search in Tokyo was “Auto Salon 2010”.
As with Biglobe’s “Question Room”, this question ranked as 3rd most popular;
“Why aren’t there many cars in yellow?”
We, as writers of automobile magazines, are so glad to know that people ARE actually
still interested in cars. Currently, Japan is suffering from “Eco Eco trend”.
People are interested in small cars and hybrid cars only…
Hopefully, many of them will re-cherish their feeling towards all sorts of cars.
Click here for more information on Auto Salon 2011.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

VWシロッコの理想系はカナダにあった!

VWシロッコの素晴らしさは、エコとスポーツの両立を図っていることだと多くの人が言っています。 たしかにCO2排出量も少ないですし、車重は軽めに抑えられています。 ライトウェイトとしての楽しさはあるでし …

クロコ仕様のベントレーって・・・

誰が何の為に、なんて聞くのはナンセンスなのかもしれません。 アフリカンバッファローの本革に、クロコダイル加工を施しています。 それをベントレー・コンチネンタルGTに貼り付けているんです。 制作にかかっ …

VWがマイクロバスを復活させる模様です

ヒッピー全盛期の頃に流行った車、という認識しかボクにはありません。 途中、こんなモデルも出たんですけどね・・・。 いつの間にか、マイクロバスという車名は途絶えていました。 もちろん、VWのミニバン作り …

ムルシエラゴのリコールってアメリカだけ?

アメリカで発生した一連のトヨタリコール問題以来、様々な自動車メーカーがリコール連発中です。 あまり取り上げても、日本モデルに関係ないものが多く”スルー”していました。 っで、気 …

マクラレンMP4-12Cの初期トラブル対策

年産4000台を目指しているマクラレンですが、早速躓いているようです・・・。 まずは納車の遅れが多くのオーナーをイライラさせているんですが、 それだけ人気があることを示しているわけですし、しょうがない …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー