CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

ランボルギーニV12エンジンは35年経て一新

投稿日:

lamborghini_new_v12_powertrain_2.jpg
1-12-4-9-2-11-6-7-3-10-5-8から、1-7-4-10-2-8-6-12-3-9-5-11に変わります。
これだけで意味を理解した人は、マニアです!
この数字は、ランボルギーニが搭載する12気筒エンジンの点火順です。
ランボルギーニが搭載してきた12気筒エンジンは時代の流れとともに進化してきたものの、
基本設計は35年前、ジオット・ビッザリーニが手がけたまんまでした。
“伝説”によるとビッザリーニは、最高出力の数値に応じてボーナスが支給されたとか・・・。
当時のホンダF1エンジンを参考にしたのではないか、とも言われているようです。
プロトタイプでは400ps/11000prmというエンジンを製作したとも。
そんな12気筒エンジンですが、ついに生まれ変わることが決まりました。
最高出力700psを誇る、まったく新しい設計のV12エンジンがデビューします。
ムルシエラゴの後継車、アヴェンタドールに搭載されます。
あっ、そうそう「アヴェンタドール」という名称、現在アメリカで商標登録異議申立て公示中です。
昨年、8月から申請していますから、この名称でほぼ決定でしょうね。

Our View
Lamborghini’s V12 engine was designed by Giotto Bizzarrini 35 years ago.
It did have quite a bit of refinements since then but the basic design had not changed.
Lamborghini was taken over by the Volkswagen Group a full 12 years ago, yet instead
of retiring the then-35-year-old engine, they went on to launch the Diablo’s successor
with it–and it did serve the Murciélago well to the tune of 4099 cars sold,
a rather high number for quarter-million-dollar supercars.
The successor of Murciélago, Aventador will be carrying this new V12.
The firing order of the engine will change from 1-12-4-9-2-11-6-7-3-10-5-8 to
1-7-4-10-2-8-6-12-3-9-5-11!

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

スタート価格150ドルのB747はお得?

自動車王国では編集人が面白いと思ったものを取り上げてきていますが、今回はさすがに度胆を抜かれました。ボーイング747がアメリカの政府所有物オークションに出品されているんです。しかも、スタート価格は15 …

デュアル・クラッチを凌ぐトランスミッション誕生?

クルマって似たようなスペックでも、世代によってフィーリングが大きく異なります。 もちろん、似たようなスペックでも、エンジンのトルクカーブの違いでも大きな差が。 そして忘れてならないのが、トランスミッシ …

北米版ミッレミリアのお立ち台で起こった珍事?!

北米版ミッレミリアのスタート前でしょうか? 出走車両がお立ち台に順番に並び、紹介される場面ですねっ。 勢いよく現れたのは1957年式フェラーリ250GT。「クラシック&スポーツカー・マガジン」で執筆し …

BMW5シリーズがマイナーチェンジ

外観上はあまり変わっていません。 でも、しっかり中身を変えてきています。 直噴の直6エンジンはインジェクションを見直し、パワーアップよりも燃費向上を図ったらしいです。燃費にうるさい時代ですからね。そし …

正気の沙汰ではないフィアットのテレビCM

「たくさんの脳ミソが、フィアットを生み出す」そうです。 これを制作した広告代理店も、OKを出したフィアットの担当者も、ちょっとオカシイかも・・・。 まぁ、衝撃的だし、一度見ただけで覚えられる、という意 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー