CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report へぇ

中国のFAW、EVスポーツカー生産でアメリカの新興企業と覚書締結?!

投稿日:2020年4月28日 更新日:

モーターショーでお披露目されるコンセプトカーって、自動車メーカーが作るわけじゃないです。専門業者が居て、自動車メーカーの発注に沿った斬新かつ人の注目を集めるよう“ハリボテ”を用意できるものです・・・、ぶっちゃけ。

だから、昨年のフランクフルトモーターショーに登場した、中国のハイブリッドスポーツカー「紅旗S9」に“ふーん、カッコいいじゃん・・・”くらいな感想しかなく特に気にも留めていませんでした。S9はCreativewaveが作ったんですよね、はいはい、みたいな・・・。

スペックをおさらいすると・・・
合計最高出力1400ps
0→100㎞/h2秒未満
最高速度402㎞/h
航続距離600㎞

はいはい、って感じでしょ?

まぁ、紅旗といえば共産党幹部しか乗ることが許されないリムジンで有名ですが、FAW(第一汽車:フォルクスワーゲングループやトヨタ、マツダなどの合弁会社相手)傘下ですね。

そんなFAWは2018年、チーフ・クリエイティブ・オフィサー(グローバルVP)としてジャガーやロールスロイスに居た、ジャイルズ・テイラーを招聘していますね。ジャガーでは「XJ」や「XK」を手掛け、ロールスロイスでは「ドーン」、「ファントム」、「カリナン」を手掛けた人物。

日本では「VP」を副社長と訳す人が多いんですが、こりゃグローバル副本部長級じゃないかな?

そんなFAWがアメリカの新興EVメーカー、「Silk EV」とEVスポーツカー開発で覚書を締結した、とロイターが報じているんです。100億元(約1500億円)を投じてFAWの本拠地、長春で行う・・・、そうです。

ロイターの調べによるとSilk EVは昨年4月、上海の自由貿易区に設立された会社で彼らの言葉通りに行くと「エリートエンジニアを抱え中国に特化したEV“トータル・ソリューション”会社」だそうです・・・。Silk EVのホームページによると拠点はアメリカ・ニューヨーク、中国・長春、イタリア・モデナにあるそうです。

ただ、よく分からん・・・、というのが正直なところ。だって、Silk EV、何か過去に作ったものありますぅ?一体、どんなメンバーで構成されているの?まーったく分かんないんですよ?でも、FAWがちゃんと覚書を締結したって言うんですから、デューデリは済んでるんでしょう・・・。

Silk EV、そういう意味では要注目な会社なのかもしれません。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, へぇ
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

鼓動が速くなるだけじゃイタ車に勝てぬ?!

新しいレクサスGS450h(ハイブリッドモデル)、環境に優しいエコなのはもちろん、ハンドリングも凄いんですよぉ、というプロモーション動画がYouTubeで話題になっています。プロドライバーが運転するG …

ただただ見とれるカパロT1オンボード映像

イギリスの自動車雑誌、evoがアップした動画です。 カパロT1でニュルブルクリンクを走っています。 カパロT1はマクラレンF1の開発に携わったエンジニアが作っている、イギリスのスーパーカー。 車重47 …

レストア中の元イラク軍戦車から金塊

  イギリスにある戦車専門店「Tanks a lot(戦車がいっぱい、という意味とThanks a lotをかけているネーミング)」・・・、はい、戦車専門店があるんですが・・・、珍事件に巻き …

ロールスロイス、9月生産分まで完売!

ロールスロイス、絶好調のようです。 新しいゴーストの受注が順調なのが牽引していることは間違いありません。 日産15台で、6月は300台生産したそうです。この手の最高級車では異例です。 今年の売上は20 …

no image

コルベットはレースの血が混じってるの

シボレー・コルベットは、アメリカが誇る「スポーツカー」の代名詞的存在です。 でも、ちゃんと認識されていないのかもしれません。 どちらかといえば「マッスルカー」? シボレーのYouTube動画を見ると、 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー