CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

新型トヨタIQは本気のシティコミューター

投稿日:

チョロQを実車化したかのような走りは、新しい

まるで自動車主要メカニズムの”知恵の輪”のようなクルマだ。全長3mといういわゆるスマートサイズに、大人3+子供1の計4人乗りスペースを稼いだFF車を作るという発想は、複雑な寄せ木細工のようなものだったに違いない。クルマが小さくなることは軽くなることだから、絶対的に善である。軽量化がクルマの最重要課題であることは論を待たない。だからこの際、思い切り小さいクルマを、固定観念を捨てて作ってしまえ、というのがiQだった。ちなみに2008−2009、日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車でもある。


工夫=エンジニアの努力の結晶、は至るところにある。フロントギアボックス搭載位置の変更、ステアリングギアボックスの仕組み変更、燃料タンクの薄型化、エアコンユニットの小型化、薄型シート、非対称ダッシュボード、などなど。文字通り、ミリ単位のせめぎ合いで不可能を可能にしたパッケージが生まれている。今後、トヨタはこれをベースに小さくて効率のいいパッケージをいろいろ生み出すはず。そちらの方が興味深い。メカニズムのスペックで語ると、何てことないFFコンパクトカーである。フロントに1l直3エンジンを積み、CVT(無段変速)を組み合わせた。グレードは100X、100Gの2種類。
エントリーグレードにあたる100Xにも、エアコンや9つのエアバッグ、VSC(横滑り防止)といった重要な装備はほとんど標準で装備されるが、100Gにはスマートキーやオートエアコン、レザーハンドル&シフトノブ、室内メッキ華飾、などが追加される。さらにパッケージオプションとして、豪華な100Gレザーパッケージも用意。ただし全車、ナビゲーションは別売。最も安くて機能もシンプルなDVDナビでも15万円以上してしまう。
見たこともない前後横比のバランスに、誰もが最初は目を疑うはずだ。真正面からみると、ちょっとしたミニバンくらいにも見える。幅がけっこうあるのだ。回り込むと、いきなり小さい。本当に小さい。全長3mといえば、大型サルーンのホイールベースといってもいい。これまでの常識では、4人乗りを実現するためには全長3.4mは必要だった。マイナス40cmの概念破壊。確かに、それだけの存在感をもっている。乗って気づくのは、ほぼクルマの真ん中に座っているということ。これって動く物に乗る場合、とても重要。乗り物って、シンプルになればなるほど人は真ん中だ。その方が、いろんな意味で操作しやすいし、物理的なバランスもいい。
さすがに短いクルマだけあって、ふんわりしなやかに街を流す、というわけにはいかない。けっこうコツンコツンと跳ねる。跳ねるけれども、クルマそのものが乗り手の腰を中心に動いている感覚があるので、それほど不快ではない。むしろ、愉しい。これまでとは違う価値観の物差しで、ライドフィールもとらえた方が楽しめそう。街中を行くぶんにはそれほど気にならないが、ビュンと加速したいときや追い越し時などには不満がある。せめてマニュアルギアボックスがあれば、と思うのは人間が古い証拠だろうか。高速巡航も、やはり得意とは言えない。シティカーとして割り切るクルマである。駐車スペースに苦労しないことを、まずは喜んでいい。とにかく、都会では想像以上の機動力を発揮する。これに馴染むと、他のクルマがうすらデカく思えて大変だ。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

アストンマーチン社のオーナーが乗っていたDB5コンバーチブル

アストンマーティンを語るうえで欠かせないのが、デイビッド・ブラウンです。アストンマーティンのモデル名に付く「DB」は、そもそもデイビッド・ブラウンが導入したものでデイビッドの「D」、ブラウンの「B」と …

「匂い」を嗅ぎ続けるアウディ・エンジニア

アウディのツイッターで不思議な写真が公開されていました・・・。大人たちがステアリングホイールや、小瓶に入れられた物体の匂いを嗅いでいる写真がシェアされていたのです。 クルマって各メーカー、独特なに匂い …

no image

ハマー最小モデル、H3に乗った Part2

古き良きアメリカンSUVの味 エンジンは直5の20バルブ、3.5Lです。220psありますが、乗った印象でいうと、ややアンダーパワー。特に出足でもうちょっとガガッと勢いがあれば、なお良かった。

サマージャンボ宝くじを買おう!

アメリカ・ペンシルバニア州のスターリング、という田舎町で見つけた不動産物件が面白いんです。スターリング、って言われたって、分かりませんよね。ニューヨークの中止部までクルマで2時間ほどの距離です。 何が …

no image

2代目になったシトロエンC5

ハイドラクティブサスペンションシステムは全車標準 シトロエンラインナップのミッドレンジを受け持つC5シリーズ。C5としては2世代目に当たる。シトロエン・プジョーPSAグループにおける最大の乗用車用FF …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー