CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

車庫証明

投稿日:

車庫証明の申請をしてあったので、今日、測りにに来てくれました。
来たといっても、私は仕事で不在でしたから、妻が立ち会い。
で、幅174cm必要なのですが、170cmしかないからダメとのこと。
だめだったよーという妻からの電話で知りました。
駐車予定地は、台形の土地で、左に平行にすると、
確かに170cmなのだが、右に平行にすると、174cm以上あるはずです。
とっても微妙ですが…
で、警察に電話したところ、
測りに来た方は、未だ署に戻っていないので、
あとで折り返してくれるとのこと。
今日は3月xx日。
今月中に名義変更しないと、
税金が元の持ち主に行ってしまうから、
何が何でも一両日中に車庫証明をとらなければならい!
測りに来ていた方が、
妻に、実車を置いて、それをみせてくれれば、
それでも車庫証明はだせると言い残してくれていたので、
最悪、実車を受け取って置きに行こう!と決断。
でも、明日はクルマ屋さんがお休みだし、
クルマ屋さんの営業時間は17:00までだし、
15:00までに電話が来るかが勝負で、
来なければ、とにかくクルマを取りに行くことにしました。
で結局、15:00過ぎても電話は来ません。
仕方ないので、出かけます。
でも、もたもたしているうちに30分が経過。やば、店が閉まっちゃう。
と、ようやく電話が来ました。
測ってくれた方が戻ったとのことですが、
その方が電話口にでてくれたわけではありませんでした。
ま、その辺は上手くやってるって感じ。
台形の土地なので、測り方が違うと、そうなるかもしれません。
今一度測れませんか?などとこちらも
喧嘩を売らないように気をつけつつ、しばし会話。
結局、もう一度計測とはならず、
ならば、クルマを置くので測りにきてくださいとお願いしました。
何時になりますか?と聞かれ、
即日対応してくれるなんて思っていませんでしたから
少し面食らいながら、暗くなる前は無理ですと話し、
翌日以降来ていただく方向としました。
終始、警察の方の対応はとても温和でよい感じでした。
さて、クルマを取りにいかねばなりません。
でもまだ、クルマ屋さんは何も知りません。
電話して、事情を話し、今から取りにいっていいですか?
いいですよ。快諾。やっぱ、この店は感じいい。
慌てて電車に乗って、最寄の駅まで。
更にタクシーでお店まで。
予定では、名義変更の当日、バスでクルマを取りに行くつもりで、
バスの時刻やバス停まで調べていたのですが、、タクシー。
そうだ!
任意保険切り替えなくっちゃ!
妻に切り替えの手続きをしてくれと連絡するも、
FAXしてもらっていた自賠責の文字が読み取れないから明日ねと。
仕方ない、兎に角安全運転だ。
なんて考えているうちに店に到着。
電話して1時間30分、ちゃーんと洗っておいてくれました。
やっぱ、洗ってあるといいね。
またまた、お店に感謝。
鍵を受け取って、家に向かいます。
で、駐車場に停めてみます。
がりっとやらないように慎重にね。
結局停めてみると、ぜーんぜん問題なし!
明朝電話して、測りに着ていただきましょう。
今回の出費
電車 390
タクシー 1,700
合計 2,090

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

関連記事

no image

査定価格

Cクラスワゴンを前提に、まずは、ヤナセに行ってお話してきました。 マズイです。 E240の査定が大変なことになってます。現時点で330万円です。17,000km、2年3ヶ月でこの値段です。650万円で …

フェラーリ販売店の不当解雇訴訟が大問題?!

アメリカ・フロリダ州のフェラーリ正規販売店「Ferrari of Palm Beach」に対して、元営業マンから不当解雇の訴訟が争われています。しかし、もう不当解雇の論点よりも、訴状に書かれているほか …

no image

自賠責の名義変更

2~3日前に自賠責も名義変更するものだと思ったのですが、 ググってみると、実際にはあまりやっていない感じ。 ま、それでいいか? と思っていました。 しかーし、妻にお願いしていた任意保険の切り替え(前の …

クルマの愛し方

新型フィアット500のことは、もういろんなところで書いたし、記事を読んだ人も多いと思う。可愛いクルマだし、遊び心もあるし、それなりに質感もあるから、値段次第では日本でも大ヒットするんとちゃうかな。東京 …

俺たちのミッレミリアPART1

順調すぎるときこそ、覚悟を忘れるな、である。 好事魔多し、とよくいうが、べつだん目出たくも良くもないが順調といった流れのときでも、魔はいたるところに潜んでいるものだ。 その日の夕方、ルボランY編集長と …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー