CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

GT-Rのナラシ 開始

投稿日:2007年12月18日 更新日:

出荷前に“アタリ”つけのテスト(例えばブレーキは軽く塗装されていて、それを削るようにテストするらしい)が施されているとはいえ、ナラシは必要らしい。何でも「2000kmまでは全力NG」のお達しが、水野さんから各販売店に届いているんだという。
仙台で教えてもらったナラシ方法は、とにかく500kmまでは3500rpm以下で、そのあと100km毎にリミットを500rpmづつ上げていくというもの。当然、速度制限ってもんがあるから、必然的に各ギアのナラシも終わるという寸法。
というわけで、まずは500km走らねばならない。土曜。5時半に起きてハコネに向かった。こんなことするの、何年ぶりだろう。フェラーリF430でもやらなかったぞ。
オートマチックで走る。朝一番、暖まるまでは、なんとなくギコチナイ。特に、タイトなターンでは、ムルシエラゴをちょっと思い出した。しばらく走れば問題ないが。
ヒューンヒューン、とか、シャロロロシャロロロ、とか、とにかくメカニカルな音がずっとしている。ボクは気にならないけれど、気にする人はいるだろうね。ATモードでは、とにかく早め早めにシフトアップしてゆく。町中であっという間に6速に入る。
高速。3500rpmといっても、計算上、6速だと160km/hぐらいになってしまうから、制限速度を守るなら4速でジャスト100km/hだ。もちろん、低い回転域でいいなら、5速も6速も使える。
東名を西に。厚木で降りて、小田厚へ。そして、ターンパイク。いつもの“お仕事”コースだから、楽しくもなんともないはずだけれど、GT-Rで流しているだけで気分がいい。
ターンパイクを登り切ったところ、大観山ではあいにく雲が厚く、富士山が見えない。GT-Rといえば、富士山。なぜか、そう思っている。幸運にも、芦ノ湖スカイラインに入ると雲が消え始めた。富士山をバックに記念撮影。

湖尻から仙石原を抜け、乙女峠へ。そこで、ワインレッドのフェラーリ599が現れた。道を譲ると、やはりフェラーリコレクターとして世界的に有名なMさんだ。その先でハザード。ボクも停まる。

「ああ、貴方でしたか。はじめは何だろうと思って。GT-R、いいねえ、素晴らしいね。ボクも注文したよ。でも2月になるみたいだ」、らしい。あくせくしないところが、さすが。
昼過ぎには都内に戻る。帰宅時オドは357km。日曜も走らなければならない。

昼食に、最近ずっとハマっている『四季食彩 萩』の季節のお寿司、あん肝寿司と鯖のへしこ寿司を頂く。生鯖すしが有名だが、それ以外も相当に旨い。静岡の地酒、華の舞純米酒とともに。

夜は、明宝とまとケチャップと明宝ソーセージを使って、本格的なナポリタンを。パスタはもちろん、ヴォイエロ。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

関連記事

やっぱり起きた

午後から、追浜の日産工場見学に参加してきました。 すばらしい!次から次にに車ができあがる。ローラーの上で120km/hでものすごい実験している。到底、慣らし運転なんて関係ない勢い(速度)で、船に積み込 …

レッドブル・ブランド初の市販車はパトロン探しの撒き餌?!

レッドブル・レーシングの技術母体「レッドブル・アドバンスト・テクノロジーズ」が一般顧客向けにハイパーカー「R17」を販売することが話題になっています。まぁ、一般顧客とは言っても50名限定で、500万ポ …

超絶富裕層は安心・安全をお金で買い、地下シェルターでクラシックカーも保全?!

スイスの「Oppidum(ラテン語で城市を意味)」という超富裕層向け地下シェルター専門会社があります。地球温暖化に伴う超異常気象、太陽活動の影響を受けるソーラーフレアによる停電リスク、不安定・不確実な …

no image

初めての高速

会社の帰りに金曜日ってこともあって、ちょっと、うちの車馬課のプジョーさんちに見せびらかせに寄ってきました。 とりあえず、デニーズに行ってお茶しながら作戦会議、さっそくプジョーさんに鍵を渡して高速道路を …

no image

なんで雪かなあ

今朝、起きてみると雪が積もってました。 なんでこうなるかな。日ごろの行いが悪いからですかね。 実は、ボディーにエシュロンというガラスコーティングを施してます。納車の時に初めて聞かされたのですが、雨に濡 …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー