CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

内燃式エンジンの形が大幅に変わる予兆

投稿日:


イギリスとイタリアに拠点を置くNEVIS Engine Company(ネヴィス・エンジン・カンパニー)という会社が、画期的な内燃式エンジンの実用化に向けた動きをしているそうです。NEVISはNew Exhaust Valve & Intake Systemの頭文字を取ったものだとか。簡単に言ってしまえば、エンジン内部の吸気・排気バルブが新しいという意味でしょう。
従来のエンジンとはまったく違う形状になっています。しかも従来の内燃式エンジンと比較して、燃費は2倍。エンジンの根幹を担っているのは、燃焼室が「ボルトーンサイクル」という名づけられた円筒状になっていることです。これはセザール・ボルトーンという取締役兼エンジニアが開発したことに由来しています。このエンジンの設計だと燃料のほぼ完全な燃焼が見込めるだけでなくガソリン、ディーゼル、バイオ燃料、水素といった燃料の種類を問わないそうです。
ボルトーンサイクル最大の特徴は小型軽量化が図られていること、そして燃焼によって得られるパワーが大きいことにあります。スペックに目を向けてみると、例えば排気量1Lをもつ2シリンダーのネヴィスエンジンの最高出力は理論値で250psだといわれています。しかも2000rpmという低い回転数で発生させるそうです。従来のエンジンでは、まず達成不可能な数値です。しかも重量はわずか80kg。最高出力258psを得るBMWの6気筒3Lエンジンと比較してみると、その重さは161kgもあるのです。
ネヴィスエンジン内で動くピストンのスピードは、BMWのものと比べると3分の1にすぎません。これはエンジンの耐久性に重要な数値で、ネヴィスエンジンのさらなる可能性を示しているそうです。会社側の資料では「500psまでいけるだろう」と謳われているほどです。よほど自信があるか、よほどの大ボラ吹きか、ですね。開発にあたってはイタリア政府による資金援助があり、ネヴィスはヨーロッパとアメリカで既に特許も取得済み。夢物語に終わることなく、ぜひ実用化させて欲しいものです。
詳しい情報はコチラ

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

出来たら凄いね、アウディ・スペクタクル

つい先日、トロント国際映画祭で行われた、アウディのプロモーション活動をご紹介しました。 ミニカーを様々な場所に貼り付け、クワトロのロードホールディング性能を謳っているんです。 斬新で、注目度を集め、ブ …

売名に利用されるジェレミー・クラークソン

ご存知、BBCの人気自動車番組「TOP GEAR」のメイン司会者、ジェレミー・クラークソン。 最近、番組の世界ツアーを敢行した際、43歳のアシスタントとの浮気報道がなされたばかり。 浮気報道について、 …

no image

こっそり日産GT-R対新幹線

相模ナンバーって・・・広報車じゃないですよねぇ。 協力した人、ちょっとうらやましい。 彼らのサイン、もらったのでしょうか。 Part1 Part2 Part3 Part4 ああ、なんかGT-R欲しくな …

バットマンがゴルフをする時には欠かせない?

ワーナーブラザーズのスタジオで激写された、バットモービルカートです。 当初、バットマン制作関係者(監督とかプロデューサーとか)のモノと思われていたんですが、 単なるバットマンファンの職員が作ったものな …

no image

プジョー408をスクープか?

プジョー407の後継車にあたる、408。 デビューするまでにあと1年ある、と噂されているが、どうやらスクープ写真が流出した模様です。 もっと写真を見るにはコチラ

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー