CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

俺たちのミッレミリアPART6

投稿日:

すでに途方もなく途方にくれているわけである。しかも、中年男が重い荷物を引っ張ってのターミナル間移動ほど、人を寂しくさせるものはない。あえて話すべき会話のタネも見当たらない。
ただでさえ、人を早くどこかへ消し飛ばしたい飛行場の雰囲気に、夜のとばりが拍車をかけている。このまま残ってしまうと、とんでもない自体に巻き込まれるかもしれぬという、漠とした不安が、周りの人々をも包み込み始めているようだ。もちろん、私の心にも。
諦めきった民族衣装の集団が、無機質なチェアーの間に折り重なるように、眠りこけている。残りわずかな今日という時間のすべてを諦めた人間の存在が、かえって我々の心にさざ波をたてた。
エアフランスの、明日朝一番のパリ行きに乗れたとしても、パリーセビーリャは午後一番でしかない。そもそも試乗会は朝一番から。詳細は判明していないが3モデル+αのメニューが予定されていたから、確実に1ないしは2モデルを乗り損ねる可能性が大きい。「最悪、1台しか乗れないかもねえ」。ようやく会話の糸口を見つけた私は、そうY編集長にかたりかけた。内心、“みんながまだいるゴートへ帰りたいな”という想いもあったが、有名雑誌を預かる長とのんきで飲んべえなフリーランスライターとでは、同じ試乗1つでも重さが違う。ギブアップ&キャンセルという気持ちをあえて抑え込み、深く考えもせず、もう1つのアイデアを投げかけてみた。
「どうせやったら、レンタカーにしません?飛行機じゃ、朝に間に合わないのは確実やけど、クルマやったら可能性はあるわけだし」。私のそんな提案に、Y編集長は一瞬だけ目を丸くしたものの、あっさり「そうしようか」とノってくれた。
善は急げ、である。おあつらえ向きに、レンタカー会社は、マルセイユ空港の建物を出た目の前の駐車場にいくつもあった。きびすを返して建物を出た我々は、絶望の淵で蜘蛛の糸を掴んだほどには安堵せず、しかし少なからず意気揚々と少しだけ広くなった歩幅で、レンタカー会社の看板を目指し、道路を渡った。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:

関連記事

no image

電柱に挨拶

TIIDA撃沈! なんか、妻がバックで電柱に挨拶したみたい。後ろのバンパーもハッチも凹ってる。かるく15万円コースかな。まったくです。週末に修理にだします。

no image

アイ・ラブ・ヒロシマ2

けっきょく、ホテルでの懇親会ののちに、W君、S君と一緒に「焼きに」出かけた。ホテルの人に聞くと、お手製のお好み焼きマップが出てきてびっくり。日付けが変わっていたため、遅くまでやってる店をピックアップし …

プジョー307SW

今日は、同僚のプジョー307SWを試乗しました。 といっても、駐車場から出した程度で運転したとは言えませんが、それでもプジョーの猫足は十分感じることができました。直前までGT-Rに乗っていたもんだから …

no image

ファイアーバードトランザムの郷愁

そいつは、真っ白な大きな体に、青い火の鳥を羽ばたかせ、並居る名車(ケンメリスカイラインGTXからロータス78まで)が並ぶその”駐車場”で、大いに異彩を放っていた。 ハニカムのホイールは金属の質感も十分 …

no image

なぜか、ムカツク。

政治や経済を討論する、とある番組にて。 Y氏「北海道では、出席停止にした子供たちを牧場に送るんです」 F氏「それはいいアイデアですね。ただ、東京ではその”牧場”を一から作らなきゃいけない」 Y氏(やや …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー