CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

俺たちのミッレミリアPART7

投稿日:2007年6月20日 更新日:

建物から最も近かったのは、はたしてハーツだったかエイビスだったか、定かではない。私はこれという理由もなく、さりとて躊躇うこともなく、グリーンの看板、ユーロカーを目指していた。たぶん、以前、イタリアで乗ったことがあるからかも知れない。
20時も回っているというのに、レンタカー会社の受付けには観光客がたくさんいた。カウンターで話し込むデイパックを背負った若者、大きな荷物とともに所在なげに視線を漂わせる女性、すっかり疲れた様子の子供を見守っているすっかりやつれた夫婦。それでも、彼らには希望があるように思えた。
我々を受け付けてくれたのは、確か、ステファニーという女性であった。

目鼻立ちが日本人好みで、不幸な時間の流れの中でたった一筋だけ光が当たった気がして、ほんの少しだが、気が晴れた。
クルマは、小さいので十分だった。荷物があるとはいえ、男二人である。専門的にいえばBセグメントのハッチバックじゃ疲れが心配だが、Cセグメントなら問題ないと思われた。すぐに貸し出せる車両はトヨタカローラかセアトアルテアだという。
私が、これからスペインに行くのだし、乗ったこともないので、アルテアにしようと言うと、Y編集長はちょっと心配そうな顔をして、「カローラの方が安心だと思うけど」と言いつつも、アルテアで了解してくれた。私は、「中身はゴルフですから。ゴルフですよ、ゴルフ、ゴルフ。ワーゲンですよ」と、それが今の我々を襲った非常事態の解決に、いったい何の保証を与えてくれるのかも判らない単語を、ただ繰り返していた。

ちなみにアルテアはこんなクルマ

どこまで行くつもりなの、と聞かれたので、セビーリャだというと、そんなところは知らないわ、と彼女が答える。スペインだよ、と付け加えたら、どこか感心しながら、遠いわよ、とだけ言った。
同じEUとはいえ、国を跨がっての乗り捨てはそれなりに高いということが判った。距離無制限で、サインした契約書には1500ユーロと書かれていた。
問題は、ナビゲーションなど付いていないということだった。地図が欲しいというと、あいにくマルセイユ近辺のものしかないという。そりゃそうだろう、どこのレンタカー屋が、隣国とはいえ別の国の地図まで用意しているというのだ。それも無料のを。
仕方なく、私は、近隣地図をもらいうけ、欄外にいけばバルセロナだという高速道路だけをひとまず確認して、セアトアルテアへと向かったのだった。
蛇足だが、最近、セアトレオンクーポラというクルマが気に入っている。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

TMS07 モーターショー雑感Part1

日産GT-Rだけで盛り上がった、って感じがするよね、プレスデイは特に。 一般日でもGT-Rを筆頭に、スーパースポーツとか国産新型スポーツカー (インプレッさSTIやランエボ X、レクサスLF-A)あた …

no image

GT-R試乗

試乗といいますか、正確には座っただけです。 仕事帰りに日産本社によって、全色見てきました。個人的にはチタニウムグレーがよかったです。赤もけっこういけてました。トランクもあるし、後部座席にはチャイルドシ …

no image

早速オートバックス

自賠責の名義変更に向かったはずなんですが、 途中、スーパーオートバックスを発見。 いや、あるのは知っていましたが。 吸い寄せられるように駐車場へ。 ちょうどよい車庫入れの練習場です。 サイドミラーをみ …

no image

俺たちのミッレミリアPART10

それにしても、バルセロナまでが遠かった。実を言えば、レンタカーを借りようと言った時点で、私はマルセイユ~セビーリャ間をあって千キロちょいだとふんでいた。飛行機が飛んでいる時間が、1時間+1時間だったか …

no image

ETC その2

クルマ屋さんにETCって送った方がいいですか?とメールしていました。 その答えが返ってきていて、送ってくれた方がスムーズで助かるとのこと。 早速近所のコンビにからクロネコで。 明後日はクルマ屋さんが休 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー