CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice

クルマの愛し方

投稿日:2007年8月1日 更新日:

新型フィアット500のことは、もういろんなところで書いたし、記事を読んだ人も多いと思う。可愛いクルマだし、遊び心もあるし、それなりに質感もあるから、値段次第では日本でも大ヒットするんとちゃうかな。東京モーターショーにはアバルトもやってくるっていうしね。
それはさておき、うらやましかったのは、イタリア人には愛すべきイタリアのクルマがあったんだな、ってことを改めて思い知らされたこと。 旧型チンクで集まってきた連中はみんな心底、チンクが好きに見えたし、チンクと一緒に過ごす時間が幸せで幸せでならない、って感じやった。子供たちも喜んで一緒に写真撮ってもらってたし。

新しいチンクを見てもそう。老若男女が、あっという間にクルマを取り囲んだかと思えば、勝手にドアを開ける、椅子の座り具合を確かめる、レバーやスイッチをいじってみる、後席の広さを確かめる、ボンネットを開けてエンジンをしげしげ見る(何が分かるっちゅうねん)、トランクスペースに見入る、とまあ、ひと通りのことをやってくれるんやね。

生活に密着したパートナーとして、チンクを愛している。みんな。そんなクルマ、日本人にはあったかな、って。今もあるかな、って。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice

執筆者:


comment

関連記事

no image

GT-Rのナラシ 開始

出荷前に“アタリ”つけのテスト(例えばブレーキは軽く塗装されていて、それを削るようにテストするらしい)が施されているとはいえ、ナラシは必要らしい。何でも「2000kmまでは全力NG」のお達しが、水野さ …

no image

shift_ TIIDA!

人生は、朝、目覚めたときに思ってもみないことが、その日に起こったりするものであると、つくづく感じた。 朝から妻をつれてカレスト座間に行ったのが始まりである。クリスタルブルーの色具合を確認したかった。試 …

no image

俺たちのミッレミリアPART9

最初のインターチェンジで、早くも道を間違えて、高速道路をおりてしまった。こうなると、いっきに不安が募る。運良く、行きたい道と並行に走る一般路におりたので、細かな道路標識に従っていけば、もう一度同じ高速 …

no image

リュックサックと鯖寿司、江戸時代

電気点けや、自転車。 無理に右折すんなや、バス。 場所考えてとめや、タクシーの客。 返事ぐらいせーよ、タクシーの運ちゃん。 お金を手で受け取れよ、キヨスクのネエちゃん。 エスカレーターの先ですぐ立ち止 …

no image

ボンネット・インシュレータ

そもそも青空駐車だし、サンデードライバーなもんで、乗ろうと思うと汚いわけですよ。 幌を開けて走るのって、とっても気持ちいいんですが、 クルマが汚い状態だとけっこう恥ずかしいというか、気になるんですよね …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー