CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

ブルーバードシルフィに乗った

投稿日:

“ブルーバード”の名前は無くなる?

いつの間にやらたいそう立派になりましたね、ブルーバードシルフィ。ブルーバードって言ってるけど、そもそもはサニーの豪華版だったんですから。ブルーバードって名前も、もうどうでもいいのかな。かなり小さくなってきたし。SSSのカッコ良さを知っている世代には、なんとも寂しいかぎりでしょうけど。もうじきシルフィってサブネームで呼ぶことになるんでしょうね。


さて、このニューシルフィ。成り立ちってことでは、これまでと変わらないんですよ、実は。サニーってクルマはなくなりましたけど、事実上、後を継いでいるのがティーダ&ラティオじゃないですか。でもってこのシルフィ、ベースとなる車台はティーダなんです。ホイールベースを長くして、2リッターエンジンを積んで、はいどうぞ、というわけです(まぁ、そんなに簡単でもないでしょうけど・・・)。
東京モーターショーではじめて見たときは別になんの特別な印象ももちませんでした。だって、ショーにはもっと印象深いクルマ、いっぱいありましたからね。そりゃ地味でしょ、国産2リッターセダンは。そういうクルマなんですから。
あらためて向き合ってみると、案外キレイなカタチだな、と思いましたね。特に横から見たカタチ。サイドウィンドウのまとめ方とか、弧を描いて後方へ流れる躍動的なボディラインとか結構、個性があるんです。
相変わらず最近の日産車の顔立ちには首をかしげますし、リアはリアでどっかのモノマネみたいに見えるんですが、それ以外はまとまりも良く好印象。室内空間にこだわった割には、ボテッとしたところもないですしね。5ナンバーサイズなのに、痩せ細った印象もナシ。シルエットはよくできていると思います。
中はどうか。とにかく後席の足元が広い!これはもう文句ナシに広い。足組んで新聞広げてカプチーノが飲めるぐらい広い。もちろん、前席も十分だと思います。
気に入ったのは、インパネのデザインかな。左右非対称というユニークさがあって、しかも印象が柔らかく質感もマル。シートデザインも凝っていて、シルキースェードという新素材の触感も良く、全体的に品のいいインテリアにまとまっています。
もっとも、せっかくインテリアにこだわったなら、もう少し1点集中でお金をかけてもよかったかな、とも思ってしまいましたけど・・・。何か1つ、他には無い贅沢さがあれば、女性ユーザーをもっとひきつけられると思うのですが、どうでしょう?

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

ジャック・ナッサーが絶賛自宅整理中

フォード・オーストラリアでインターンから現地法人の社長に上り詰めた、ジャック・ナッサー。1999年1月からは本家、フォード・モーター・カンパニーのCEOの座に就きました。レバノン出身のジャック・ナッサ …

no image

2代目ホンダインサイトはセダンに変身

快調なスタートを切ったホンダ渾身のハイブリッドカー インサイトに改めて注目すべき新しい技術やコンセプトがあるわけではない。ハイブリッドシステムは、パラレル方式と呼ばれるシビックハイブリッド以来のホンダ …

no image

日産フェアレディZマイチェンPart3

エンジニアとの同乗試乗をしました 日産リバイバルの象徴として華々しくデビューを飾り、確実な進化を遂げているフェアレディZだが、そろそろ次期型の噂も聞こえてきた。一体、どんなクルマへと生まれ変わるのでし …

続編!マクラレンMP4-12C試乗

プロモーション動画デビューを果たした(?)マクラーレンMP4-12Cプロトタイプ試乗会の様子を、 むこうは1カットだけだったので、こちらの動画でも少しだけ紹介します。

エロ画像・動画配信の女性メカニックがクビに

つい最近、BUZZFEEDで報じられていた“事件”に興味を持ちました。タイトル通りではあるのですが「自由」、「職場での規律」、「誰が悪いのか」のバランスが非常に難しいので、まずは事実だけを列挙してみま …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー