CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

新型トヨタカムリはビッグセダン

投稿日:

日本よりも世界で愛されてきました

トヨタにとってカムリは、エスティマより大事なクルマです。最初はね、セリカの兄弟分やったんですよ。20年以上も前ですが、学生時代、ツウ好みのクルマとして人気でした。自動車部関係のやつらがよく乗っていたなあ。40歳前後世代には、実は響く名前だったりします。それが今やオーナー平均年齢55歳のクルマだなんて・・・。誰がそんなクルマにしてしまったのだーーーっ。


とはいえ、2代目からはFFのファミリィサルーンに大方向転換。グローバルモデルとして今や、世界8カ国で生産され100以上の国や地域で販売される、トヨタの屋台骨の1つにまで成長しています。
それだけに、チーフエンジニアの布施さん曰く、”海外マーケットでの失敗は絶対に許されないクルマ”というプレッシャーがあったんだとか。そりゃビビルよね。僕が企画担当だったら、間違いなくやりたくないクルマのうちの1台。bBとかやってるほうが楽しそうだもん!
世界中で愛されるカムリ。累計1000万台以上も売ってきたというのに、国内はほんのわずかしか売れなかった。市場規模でいうと、グローバル・カムリのたった2%だなんて、寂しいかぎり。
いいクルマだったんですよ、歴代のカムリ。特にグラシアのときのセダンと、先代モデルはよくできたサルーンでした。スタイルも悪くなかったし、何より日本の常用高速域でのはんなりした乗り味が他にない個性でしたから。
それでも売れなかった。まあ、世の中総ミニバン時代になっていたわけで、仕方ないだろうし、トヨタさんもそっちで大儲けしはったからいいんでしょうけど、セダン派にはなんとも複雑な成り行きです。
まあ、無事、フルモデルチェンジして日本でも売ってくれることに、まずは感謝。前出の布施さんもおっしゃってました。トヨタが真面目なセダンを育てておかないといけない、って。応援しますわ。
ポイントは3つ。
1:幅広くなったボディサイズ
2:若々しくなったインテリア
3:そしてリニュウアルされた2.4L直4エンジン1本としたこと
V6モデルやウィンダムは廃止。海外で売られる予定のレクサスESは兄弟車だが国内導入の予定はなし。ワイドカムリもナシ。というか、もう立派なビッグセダンです。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:

関連記事

no image

本日からIS発売開始!

これこそがレクサスの真髄 今回は長文ですが、お付き合いください。だって3番目の”刺客”ISシリーズこそ、日本におけるレクサス成功の鍵を握るクルマなんですから。レクサスの里帰りが …

no image

アルファブレラ試乗続編パート3

本音トークのインプレッション 最初に乗った試乗車が、そのハズレV6+18インチだったものですから、えらくがっかりしたものです。足元が重くて、ワクワクするエンジンの盛り上がりもなく、ただただ淡々とテスト …

no image

2代目になったシトロエンC5

ハイドラクティブサスペンションシステムは全車標準 シトロエンラインナップのミッドレンジを受け持つC5シリーズ。C5としては2世代目に当たる。シトロエン・プジョーPSAグループにおける最大の乗用車用FF …

no image

デトロイトでコルベットZR1に乗った

欧州スーパースポーツと真っ向勝負できる実力派 最高出力638psで、最高速は時速200マイル(320km/h)以上のコルベット。そう聞いただけで、途轍なくじゃじゃ馬で、途方も無く扱いづらく、この上なく …

no image

停車中も楽しめるトヨタbB

まったりシートには結構ご機嫌 “ミュージックプレーヤー”だっけ?ホンマ、あのTVCMを見たときは、中身を知ってるだけに、なんでやねん!って思いました。若者に媚びるにも、限度っち …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー