CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

停車中も楽しめるトヨタbB

投稿日:

まったりシートには結構ご機嫌

“ミュージックプレーヤー”だっけ?ホンマ、あのTVCMを見たときは、中身を知ってるだけに、なんでやねん!って思いました。若者に媚びるにも、限度っちゅうもんがあるやろ、と。でも、あんなPR戦略も、若者の行動様式をリサーチした結果なんでしょうから、オッサンがとやかく言うことじゃありませんわね。


ということで、ハナっから興味のないクルマやったのですが、カタログを見てちょっと思いが変わりました。若者センスなんか関係なしに、ちょっと良いかもコレって。特にオプションの豊富さ。本カタログと同じぐらい厚みのあるオプションカタログを見ていると”へえクルマってこんなに遊べるんだ、メーカーもんで(編集部訳:純正品で)”なんて。自分でドレスアップするならまだしも、メーカーサイドでこれだけのことができるんなら、これはこれでアリかな。正直に言うと、ちょっと欲しい。
若造りしたいオッサン、なのかも知れませんね(笑)
そんなこんなで、試乗会はちょっと楽しみだったのです。ズンドコズンドコ(編集部訳:音楽)に合わせて光るイルミネーション仕様も、怖いもの見たさ的感覚ながら試してみたいと思っていた。
乗ったのは1.3SのXバージョンと、1.5ZのQバージョン。もうね、グレードやらバージョン名やらをシンプルに英文字1つでやられると、なんだかついていけなくなるのは、歳なんかなあ。整理して言うと、SはFF1.3のベースグレードで、音楽とは無縁のシンプル仕様。それにXバージョンがあって、これにはエアロがついてイルミもつく。
1.5のFFと、1.3の4WDはZというグレードで、Sにいくつかの装備を加えたもの(カラード電動格納ドアミラーとかオートエアコンとか)。これには、Sと同じようにエアロがステキなXバージョンがあって、さらに+αの装備を加えてズンドコ仕様にしたQバージョンがある、という感じ。
要するに注目すべきはZのQバージョン!!
決して、運転することが気持ちいいクルマやないです。フツーに淡々と走る、そんな感じ。否、動くクルマとしてバランスがよく真っ当かというと、ちょい疑問。乗り心地とか、走りの質感とかのレベルは決して高くありませんから。パッソベースのハイトワゴンってことで、限界があるのかしらねぇ。その代わり、停めて乗る分には楽しいというか、こんな風に使える年頃がうらやましいというか。若い時に欲しかったかも、というか・・・。
イルミネーションとか音は、まあそんなもんかなと思いましたけど、例のまったりモード。アレは確かに使えますな。試乗会に朝早く着きすぎて駐車場でひと眠りなんて時でも便利そう。コンビニの前でたむろされるより、社会的にいいでしょうし。
クルマは走ってナンボ、とは思うものの、こうやって停めて使えるのもありだよな。若い時に欲しかったオッサンとしては、イルミネーションはレインボーにして欲しかったし、点滅モードを自分でプログラムできたらもっと楽しいと思うし、自分で改造できる余地を内外装とも残して欲しかった気もするし、で、要するにもっと自由な遊び心が欲しかったなと思う次第。
不惑を過ぎたオッサンには、これぐらいのメーカー的遊び心で十分刺激的なんですが。
ちなみに、このスタイル。4案あったうちの1つで、やっぱりボクシーな提案もあったんだそう。外装はトヨタ案、内装はダイハツ案。でもって、まったりシートのコンセプトは最初から存在したんだそうです。やるじゃない!

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30年前の日本車にあったモノが進化?!

今から30年ちょっと前、日産スカイライン(7代目:R31型)が世界で初めて搭載したのがオートスポイラーです。時速70km/hを超えると自動的にフロントスポイラーがせり出し、時速50km/h以下になると …

高級住宅地の道路が私人の手に渡った?!

1948年まで白人専用高級居住地区だった、アメリカ・サンフランシスコ近郊のプレシディオ・テラス。Googleストリートビューで見ればわかるように・・・、今でも豪邸40軒が立ち並ぶ高級住宅地です。ゲート …

no image

日産フェアレディZマイチェンPart1

エンジニアとの同乗試乗をしました このところの日産で、えらいなあと思うのは、このフェアレディZとスカイラインを、最初の約束どおり、毎年のように進化させてる点です。

no image

新型MLはオフローダー Part2

M・ベンツらしさを得た実力派 前後とも新しいサスペンションが装備されましたが、どんな凸凹道やぬかるみでも立ち往生しないよう、新たに4ESPを採用。これが、グラチェロの電子切替デフ”クォドラ …

ドイツで「テスタロッサ」の商標否定!?

クルマ好きの皆さんが「テスタロッサ」と聞けば、思い浮かべるのはフェラーリのテスタロッサですよね?そんなテスタロッサの商標をめぐって、ドイツで面白い判決が出た、とドイツのSPIEGELが報じています。 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー