CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

プジョー新型407クーペに乗った

投稿日:

ディーゼルは日本導入しないの?

407クーペねえ。実はボク、406クーペに乗ってたんですよ。ピニンファリーナのやつ。しかも限定車。あれはホント、良かった。マニュアルでギア比が日本の街にまったく合っていない以外は、いいクルマだったな。


その後継モデルというわけで、ジュネーブショーに出たときから楽しみにしていたんだ。もちろんね、クーペモデルなんてものはカタチ見たときに評価の8割は決まるわけで、その伝で言えば今度の407クーペは個人的”もうちょい”な感じだったけれど、乗れば乗ったで評価が上がる場合だってなくはないし。
試乗会が行われたのはスペインはグラナダ。そこの空港ではじめて日の光の下で407クーペを見ることになったわけだけど、モーターショーで見た印象よりも随分といいんだ、これが。けっこう大柄だから存在感あるし、それにあの大口も嫌いじゃない。なにより、全体のプロポーションがちょっとフェラーリっぽい。ピニンファリーナじゃないけど、においはあるナ。
ただしね、後ろから見ると、ボクのスカイラインクーペと雰囲気似ているんだ。バンパーが厚いとこなんか、そっくり。そう思うと、単純に両者を比較したくなるわけで、FFとFRの違いがあるけれど、全体のクーペスタイルではやっぱりスカイラインクーペの勝ちだな、と。だとすれば、あとはプジョーらしい走りがどれだけ味わえるか否かで、このクルマの日本市場での評価も決まってしまうと思う。だって、スカイラインクーペは3.5L V6で350万円ぐらいで買えるでしょう?3Lの407クーペはきっと500万円超えますからね?。
さて、そんな肝心の走りはどうだったか?ひとことでいうと、セダンやSWよりも”さらにネコアシ”で◎。ワイドトレッドとローダウンサス、そしてクーペスタイルによる重心高の低さが、もともと評価の高い407系の走りをいっそうネコにしてくれたってワケ。
もっとも乗り心地そのものは、セダン系より固めなのは仕方ない。けれども、ハンドリングは一層リニアになっているし、高速安定性だって素晴らしい。ワインディングなんかじゃ、FFらしからぬ気持ちのいい足裁きを見せてくれる。
ただ、ガソリンV6はつまらないなあかなぁ。もうちょっと回して楽しめるエンジンだといいのだけれどね。反対に、回して楽しくないけど面白かったのがディーゼルターボ。トルクが440Nmもあって恐ろしいほどの加速感を味わえます。これならATでも十分楽しめるでしょう!
ベンツさんも日本市場へディーゼル入れるみたいですから、世界最高峰のディーゼル技術をもつプジョーさんも、これを日本に入れてみてはいかがでしょう。ディーゼルのイメージを変えるには、こういうスペシャリティカーでの導入が一番手っ取り早いと思うのですが。
そうだ、ディーゼルさん(19世紀前半にディーゼルエンジンを開発したドイツ人)には悪いけれど、改名するってのはどう?ユーロエコリン、とかさ。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:

関連記事

no image

2代目日産ムラーノに乗ってきた

初代の出来映えが良かっただけに、残念 4年でモデルチェンジは通常のサイクルだが、SUVスペシャリティカーとしては、「え? もう? 」という気がしないでもない。実際、初代ムラーノのデザインは決して陳腐化 …

no image

スズキMRワゴンは可能性の宝庫

ターゲットを徹底的に絞った軽自動車 軽自動車もついに細かな商品戦略が必要な時代になってきたようです。

“新しい乗り物!?” ミニE

日産リーフ試乗に登場したミニEを写真で紹介。 たとえば、この日の午前中に乗った同じくEVのミニEは、既存車両をEV化したゆえの物理的アンバランスが、ちょっとしたコク=ユニークな走り味を生んでいて、好き …

ビニールテープでダウンフォース稼ぎ?!

NASCARドライバー、チェイス・エリオットが乗る24号車ヘンドリック・モータースポーツがペナルティを受けることになりました。先週末、2位でゴールしたのに、レース終了後の車両点検で不正が発覚、とのこと …

「コンクリート流し込んでやる!」という脅し

http://m.verno-info.ru/ ロシアにある「Verny」というスーパーマーケットが“苗字をVernyにしたらもれなく5万ルーブルプレゼント!”ってキャンペーンを展開したそうです。5万 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー