CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

プジョー新型407クーペに乗った

投稿日:

ディーゼルは日本導入しないの?

407クーペねえ。実はボク、406クーペに乗ってたんですよ。ピニンファリーナのやつ。しかも限定車。あれはホント、良かった。マニュアルでギア比が日本の街にまったく合っていない以外は、いいクルマだったな。


その後継モデルというわけで、ジュネーブショーに出たときから楽しみにしていたんだ。もちろんね、クーペモデルなんてものはカタチ見たときに評価の8割は決まるわけで、その伝で言えば今度の407クーペは個人的”もうちょい”な感じだったけれど、乗れば乗ったで評価が上がる場合だってなくはないし。
試乗会が行われたのはスペインはグラナダ。そこの空港ではじめて日の光の下で407クーペを見ることになったわけだけど、モーターショーで見た印象よりも随分といいんだ、これが。けっこう大柄だから存在感あるし、それにあの大口も嫌いじゃない。なにより、全体のプロポーションがちょっとフェラーリっぽい。ピニンファリーナじゃないけど、においはあるナ。
ただしね、後ろから見ると、ボクのスカイラインクーペと雰囲気似ているんだ。バンパーが厚いとこなんか、そっくり。そう思うと、単純に両者を比較したくなるわけで、FFとFRの違いがあるけれど、全体のクーペスタイルではやっぱりスカイラインクーペの勝ちだな、と。だとすれば、あとはプジョーらしい走りがどれだけ味わえるか否かで、このクルマの日本市場での評価も決まってしまうと思う。だって、スカイラインクーペは3.5L V6で350万円ぐらいで買えるでしょう?3Lの407クーペはきっと500万円超えますからね?。
さて、そんな肝心の走りはどうだったか?ひとことでいうと、セダンやSWよりも”さらにネコアシ”で◎。ワイドトレッドとローダウンサス、そしてクーペスタイルによる重心高の低さが、もともと評価の高い407系の走りをいっそうネコにしてくれたってワケ。
もっとも乗り心地そのものは、セダン系より固めなのは仕方ない。けれども、ハンドリングは一層リニアになっているし、高速安定性だって素晴らしい。ワインディングなんかじゃ、FFらしからぬ気持ちのいい足裁きを見せてくれる。
ただ、ガソリンV6はつまらないなあかなぁ。もうちょっと回して楽しめるエンジンだといいのだけれどね。反対に、回して楽しくないけど面白かったのがディーゼルターボ。トルクが440Nmもあって恐ろしいほどの加速感を味わえます。これならATでも十分楽しめるでしょう!
ベンツさんも日本市場へディーゼル入れるみたいですから、世界最高峰のディーゼル技術をもつプジョーさんも、これを日本に入れてみてはいかがでしょう。ディーゼルのイメージを変えるには、こういうスペシャリティカーでの導入が一番手っ取り早いと思うのですが。
そうだ、ディーゼルさん(19世紀前半にディーゼルエンジンを開発したドイツ人)には悪いけれど、改名するってのはどう?ユーロエコリン、とかさ。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:

関連記事

no image

新型ミニコンバーチブル極寒での試乗会

毎日オープン、どこでもオープン、のノリで楽しもう 2月の第一週に訪れたオーストリア、飛行機から降り立つと雪だった。にも関わらず、現場のスタッフに悲壮感はない。むしろ、この状況にあって”も笑 …

排気ガスがまったく出ない環境に優しいバス

水素バスがアメリカで初めて納車 アメリカ・フロリダ州にあるオーランド空港に、そして市内の中心部に水素バスがお目見えしました。フォードが作ったもので、6.8L V10エンジンを搭載している「E-450」 …

no image

新型エスティマはカッコいい

押し出し感ばっちりで、走りも進化 横から見ると、サイドウィンドウとルーフサイドのデザインがすごくカッコいい。カタログ見てそんな風に喜んでいたのですが実はこれ、旧型と全く同じイメージなんですねぇ。ちょい …

輸入車の先頭を切って投入されたM・ベンツSクラスハイブリッド

豪華さ550級、燃費350の3割増し Sハイブリッドに積まれたシステムは、1モーター搭載のいわゆるマイルドハイブリッドタイプ。3.5リッターV6アトキンソンサイクルエンジンと、7Gトロニック(7速AT …

no image

アウディA6がマイナーチェンジ

新エンジンはダウンサイジングでもパワフル アウディブランドの中核となるA6/A6アバントは、いわゆる欧州Eセグメントに属するモデルで、M・ベンツEクラスやBMW5シリーズが直接のライバルである。国産車 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー