CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

テスラがボーイングを助けたいって?!

投稿日:

787.jpg
ボーイング787、エラい騒ぎになっています。それもそのはず、中・長距離旅客機の救世主的存在だったわけですから・・・。航空会社もテンテコ舞いなことでしょう。787が飛ぶ路線で当面の代用機を探さなければなりませんし(効率経営を考えたら飛行機のスペアがたくさんあるとは思えません)、見込めたはずの燃料費削減がパー。それどころか運行停止になった分、売却予定だった旧型モデルを引っ張り出して、整備してまた現役復帰なんてこともあるかもしれません。当然、飛行機は動いている間に稼ぎ出すんですから、今は赤字発生マシーンとさえ呼べるでしょう。もちろん、すべては空の安全のためにやむを得ないことなのは当たり前ですが・・・。
tesla.jpg
そんな787問題に、テスラ社のCEO/オーナーであるエロン・マスク氏がTwitterでメッセージを発していたってご存知でした?
elon.jpg
1月19日に「もしかしたら、もう解決手段が見つかっているかもしれないけど、リチウムイオンバッテリーについてなら喜んで手助けする」と呟いたんです。まぁ、冗談半分に受け止められたのか、周囲の反応はそんなに大きくありませんでした。1月26日には「ボーイング社の787チーフエンジニアと接触中」、昨日は「ボーイング社に納入されたリチウムイオンバッテリーについての私信」とまで。かなり本気でテスラ社、そして同じくCEO/オーナーを務める民間ロケット会社、スペースXで培ったノウハウを提供したい意向を示しているそうです。
spacex.png
考えてみたらテスラ車でも、スペースXのロケットでも、リチウムイオンバッテリーを用いていますからねぇ。まぁ、アメリカならではの互助精神でもあろうし、広報活動の一環でもあろうし、なかなかユニークでクールで、株価向上のためのIR活動にもなると思います(笑)。今のところバッテリー自体には特段、不具合は見つかっていないと報じられているのはご承知の通り・・・。どういう幕引きをするのか、ちょっと気になっています。Made in Japanの信用問題にもなりかねませんから・・・。
Our View
Elon Musk, Tesla CEO, has offered to help Boeing find a solution to the 787 Dreamliner’s battery meltdown problem. Musk made the announcement several days ago on his Twitter. Many skeptical observers, including us, initially wrote it off as a joke. Musk, however, took to Twitter again to clarify the matter and said that his desire to offer Boeing a helping hand is real.
Musk has gained a sizable amount of experience in cooling lithium-ion battery packs with Tesla as well as SpaceX, another one of his companies that flies space rockets… ultimately aims to enable human beings to live on other planets.

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デカかろう、迫力あろう、よかろう、オランダ

大した反響はありませんでしたけど、個人的に気に入っているブログのエントリーが「デカかろう、迫力あろう、よかろう、アメリカン」です。 まぁ、パイクスピークのおかげでトラックドリフト動画もいくつかあったん …

ベントレーのドアは危ない・・・、ってクレーム

アメリカといえばコカコーラ、マクドナルド、そして訴訟です。どんな些細なことだろうと、自己責任だと思うようなことでも、法的に突っ込める余地があれば、ズドーンと訴訟です。しかも恐ろしいのは日本と違って懲罰 …

$2500のM・ベンツS600防弾仕様の実力

自動車王国、実はこっそり「防弾仕様」という言葉に萌えるんです。今までに何回取り上げたことか・・・。恐らく日本で一番、防弾仕様について書いているんじゃないでしょうか?(笑) っで、凄いネタに遭遇しました …

ピンクのランボに乗りたい、という願い

イギリス・キンボルトン在住のエミリア・パーマーという8歳の女の子・・・、呼吸器系の難病を患っていて、普段は車椅子生活なんです。そんな彼女の願い事をバーミンガム小児科病院が尋ねたところ・・・「ピンクのラ …

no image

年末のご挨拶

いやはや、いろんなニュースがありました。 地球温暖化(という建前)、政治不安、戦争、世界恐慌、健康不安・・・。 来年もたくさんのニュースをフォローしていきます。 とりあえず、今年のネガティブをぶっ飛ば …

自動車王国通販部

自動車王国通販部

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー