CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report スクープ へぇ

アストンマーチン社のオーナーが乗っていたDB5コンバーチブル

投稿日:2022年6月22日 更新日:

アストンマーティンを語るうえで欠かせないのが、デイビッド・ブラウンです。アストンマーティンのモデル名に付く「DB」は、そもそもデイビッド・ブラウンが導入したものでデイビッドの「D」、ブラウンの「B」と頭文字をとったものです。

元々、アストンマーチンは1913年に「バムフォード・アンド・マーチン」として産声を上げました。そして1915年に製作された1号車が、イギリスのバッキンガムシャーの村「アストン・クリントン (Aston Clinton) 」で開催されたヒルクライムレースで成功を収めたことから、「アストンマーチン」のブランド名が誕生したんです。

その後、幾度と倒産し、やがてデイビッド・ブラウンがアストンマーチン社を買収します。しかも、買収のきっかけが“高級スポーツカーメーカー売りたし”という新聞広告だったとは、何回聞いても驚けます。そして、3万ポンドが提示されていたなか、デイビッド・ブラウンがオファーしたのは2万500ポンド。

後に、倒産したラゴンダ社も破産管財人から買収(建物以外全て)したのもデイビッド・ブラウンでした。目をつけたのはW.O.ベントレーが設計したラゴンダ社に帰属するエンジンでした。25万ポンドが提示されていたなか、無理を承知で5万2500ポンドをオファーし・・・、買えてしまったんです。

“買えたらラッキー”くらいの入札スタンスがとれるお金持ちって、こういう逸話が多いですよね。

もとい。

そんなデイビッド・ブラウンが自身の愛車として所有していた、DB5コンバーチブルが今、イギリスのニコラス・ミーという販売店にあります。新車時のオーダーシートにはバッチリ、デイビッド・ブラウンの文字が記載されています。

デイビッド・ブラウンが所有したのは3年で、複数のオーナーの手元を渡り歩いたのち、直近のオーナー(アストンマーチン・オーナーズクラブの元役員)が実に28年間保有していたんです。つまり、久しぶりに中古車市場にお目見えした、ということです。

走行距離9万マイルですが、写真を見る限り新車のような状態が保たれています。しかも、この手のクラシックカーとしては珍しい「12か月間保証付き」ですって。まぁ、115万ポンドもするから、万が一の修理代も販売店側は確保していますよね(笑)。

YouTubeで気になったのは「この車両の購入者を探しています」ではなく、「この車両の次の管理人を探しています」でした。歴史あるクルマはもはや買うのではなく、管理させて頂くってことですね。

いやぁ、それにしても美しい。ヨーロッパに拠点を構え、クラシックカー界隈で顔を売りたい、コネを作りたい、という人にはうってつけでしょうね。サクッと、コミュニティに入れることでしょう。

そういう意味では、ハイソサエティへのチケット、と解釈できなくもありません。

もっと写真を見るにはコチラ

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, スクープ, へぇ
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ウケるに違いないトヨタIQのドイツ・ツアー

外人は日本人を礼儀正しいと思いながら、二面性をもったファンキーさに注目しています。 フジヤマ、ゲイシャ、コーベビーフ、スシ、テンプラ、ドリフト、アダルトビデオ(笑)。 そこに注目したのが、このトヨタI …

エンスー必見のマツダ・ロードスターGT!

ボクの個人的な嗜好ではありますが、マツダ・ロードスターは大好物! あれだけドライバーの技量に忠実に応える車って、そうそうないと思います。 でも、一部に「非力過ぎる」という指摘があるのは重々承知していま …

no image

新型日産スカイラインGT-R走行動画!

日産スカイラインGT-Rといえば、日本が誇る高性能スポーツカーである。 来秋の東京モーターショーで、正式発表される見通しだが早くもスクープ動画があった。 現場はドイツのニュルブルクリンク。 一緒に併走 …

買ってから気付くアレコレ

300kmほど乗ったかな。おかげさまで年明けからいろんなクルマにのらんとあかん状況が続いていて、なかなか自分のクルマに乗れない。まあ、年がら年中そうなんやけどね。 それにしても、ベージュ内装は気を遣う …

ジェームス・ボンドの地らしい、控えめな豪邸?!

かつて、アメリカに行くたびに買っていた雑誌に「Robb Report」。いわゆるひとつの“超絶高飛車雑誌”で超高額な自動車、飛行機、不動産、ワイン、腕時計と異次元の世界が繰り広げられていたものです。そ …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー