CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

トヨタプリウスのヘッドライトにいちゃもん

投稿日:

prius_headlight.jpg
2006年-2009年までに販売された、いわゆる20型トヨタ・プリウスのHIDで和解が成立!?
アメリカでの話なんですが、HIDヘッドライトが壊れやすいと集団訴訟が提起されていたそうです。
トヨタは裁判を経て”事件”が長期化することよりも、和解したほうが得策と判断したんでしょう。
っで、和解案は・・・
①納車時から5年、5万マイルまで延長保証(従来は3年、3万6000マイルかな?)
②今までHID修理をした人には、修理費の返還!(これは大変ですよ・・・、いろんな意味で)
知らなかったんですけど、プリウスのHIDヘッドライト・・・、壊れやすいんですか?
いやぁ・・・「消耗品ですから」って片付けられてそうですよね、日本では。
なんかこういうニュースを聞くと、不公平な感じがします。
アメリカでここまで面倒見るなら、日本やほかの国はどうなんの、って思いません?
日本仕様車とアメリカ仕様車ではヘッドランプが異なります、って言うんでしょうけど(笑)。
きっかけは掲示板なんです。いつしか、大きな影響を及ぼす存在へとなってきたんですね。
まっ、アメリカが訴訟社会なのは昔から言われていることですけど、
モンスターペアレントとか、関西方面の輩社会とか・・・、似てません?
Our View
So, we hear Toyota Motor Corp. has agreed to settle a class action lawsuit
over headlights in its 2006 to 2009 Prius hybrids that shut off without warning,
triggering at least 2,500 complaints from motorists.
The settlement is as follows;
(1) Warranty Extension
Beginning on February 9, 2011, Toyota will extend its New Vehicle Limited Warranty
to cover repairs and replacements of HID bulbs and HID electronic control units (ECUs).
It means 5 years or 50,000 miles pass from the car’s original purchase or lease date.
Up 2years and 20,000 miles more than it used to be.
(2) Cash Reimbursements
Customers who spent money on an HID bulb or HID electronic control unit (ECU)
repair for their 2006-2009 Prius should save their receipts as they will be reimbursed.
This will cause trouble as many fake receipts are bound to appear from middle of
nowhere as far as we can guess…
But what really bothers me is that there is NO news covering this topic.
And Toyota doesn’t say a word on HID problem with Prius in Japan.
They will probably say that the HID on US model and Japanese model is different
or some crap along these lines.
Put it simply, it just feels UNFAIR!!!!
Prius Chat is rejoycing, if you are interested… click here to visit the website.

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:


comment

関連記事

すべては差別化を求めたがために・・・

ホイール交換することで、車のイメージはガラリと変えられます。 走りを追求するための軽量ホイールへの交換、というチューニングもありますけど・・・。 一瞬、フォトショップで加工された写真かと思いました。フ …

no image

クモのような乗り物・・・

3ヶ月かけて設計、6ヶ月かけて製作、総予算1万5000ドルだそうです。 撮影者が問いかける質問のなかに・・・ 「Is there a history of mental illness in your …

超絶ブガッティ・ヴェイロンbyマンソリー

MANSORY(マンソリー)は新興ブランドながら、チューナー界では注目を浴びています。 理由は・・・、超ハイエンドな高級車を手がけているからでしょう。 “絵になる”ことから、メ …

日本で報じられない世界最大のレクサス店

昨年11月、中東・クウェートで世界最大のレクサスセンター(ディーラー)が オープンしていたようです。あまりに凄く、なぜか日本ではあまり報じられていないようなので あえてこのタイミングであっても取り上げ …

トラックの燃費を向上させるちょっとの工夫

アメリカにあるBMIコーポレーションは、流体力学を用いた研究・開発を行う会社です。 「流体」力学と聞くと、どうしても水がらみなものを思い浮かべがちですが、 実は飛行機が飛ぶ原理も、自動車の空力特性も流 …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー