CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Editor's Voice News Clip Report スクープ へぇ 覚悟はいい?

王様の鷹狩専用車両が絶賛販売中!?

投稿日:

日本で御料車が一般に払い下げられることはありません。理由は「保安上の理由」とされていますが、真相はどうなんでしょう?「トヨタセンチュリー」、「50系」、「6人乗り」と検索すると、宮内庁で用いられていたものが払い下げられたことがあるようですが。

アウトロー発言で世間を賑わせる某健康食品メーカーの会長、ストレッチリムジン好きなんですが、お乗りになるクルマは下取りに出すことはなく必ず廃車処分する、と聞きます。自分が乗っていたクルマを他の人間に乗せるのは、嫌なんですって。

まぁ、個人なら自由かもしれませんが、御料車や元皇室車両は・・・、よほど特殊な車両でないかぎり、二次流通時に価値が見出されるのであれば、売却して資金の“有効活用”してもいいと思うのですがね。

モロッコの元王様、ハッサン二世(1929年-1999年)がお乗りになっていた、1977年式ロールスロイス・カマルグがドイツのクラシックカーディーラー「Fantastic Vehicles」によって販売されているようです。

しかも、このカマルグ・・・、単なるカマルグではなく、「鷹狩専用車両」としてスイスのフランコ・スバーロがワンオフ製作したものです。さながらデューンバギーといった佇まいになっています。

フロントウィンドウは折り畳み式、ドアやルーフは取り払われ(簡易式幌は完備)、砂漠に対応したワイドタイヤ装着のためにワイドフェンダー化。フロントシートのシートベルトは4点式?そのほか、なぜかエキゾーストパイプがリアバンパーサイドに移設されています。写真を見る限り、内装の状態、かなり良さそうですよねぇ。

2016年、24万8000ユーロで売買されたことがBring a trailerで報じられていて、今回の販売価格も24万8000ユーロです。

まぁ、販売しているFantastic Vehiclesさん、かなり個性派のクルマ屋さんなので、実車を見てからの購入がよろしいかと存じます。1950年生まれの店主、ミハイル・フレーリッヒさん、普段は外装だけボロボロのロールスロイスで移動している個性派。そして、極めつけは1950年式のクルマ50台を“土に返す”プロジェクトで話題を呼んだ人物でもあります(笑)。

ハッサン二世もまさか、ご自身の鷹狩専用車両がこのような店主に取り扱われることになるとは、思ってもみなかったでしょうねぇ。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Editor's Voice, News Clip, Report, スクープ, へぇ, 覚悟はいい?
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

泥だらけのベントレーコンチネンタルGT

ロシアで激写された、意味不明の事故です。 背景にキャンプが見えるので、何かの「フェス」でしょうか? 泥沼でもコンチネンタルGTは4WDだし、走れるとでも思ったのでしょうか? まぁ、ぶっちゃけ泥酔か薬物 …

ベールを脱いだBMW1シリーズMクーペ

年明けのデトロイトモーターショーで披露される予定の、BMW 1シリーズMクーペ。 一部の自動車評論家は事前試乗もしていますし、カモフラージュも部分的に外されたものが 公開されています。小出しに見せるこ …

プリクラッシュブレーキ、本格普及の予感

今日、スバルがプリクラッシュブレーキ、「アイサイト」を発表しました。 昨年はじめ、ボルボも同様のシステムを発表していました。 初代トヨタセルシオが採用したオプティトロンメーターにしても、 今ではフツー …

世の中には想定外がある、という典型例?!

ちょっと前まで自動車において「安全」といえば、M・ベンツとボルボが真っ先に思い浮んだものです。両社によるマーケティングも上手でしたし、実際優れていたと思います。時間が経つにつれ世界各国の衝突安全基準が …

アイスランド火山の意外な影響

ヨーロッパではアイスランド火山の影響で、空港が閉鎖されています。 レンタカーはフル稼働で、電車もパンパンみたいですね。 上海F1を終えたF1関係者、ヨーロッパに戻れず、アジアでバケーションって話もあり …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー