CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip Report へぇ

40年間埋もれていた300SLロードスター

投稿日:

最近、「バーンファインド」という言葉が日本語でもクルマ好きの間では大分、周知されてきましたね。Barn Findは直訳すれば、物置き小屋で発見、って感じです。つまりは“置き忘れ”・・・。

面白可笑しく取り上げられていますが正直、私には意味不明です。どうすれば、自分の保有するクルマを忘れるて放置するに至るのか、まったく理解に苦しみます (笑)。

なんでもオーナーが亡くなりESTATE SALE(アメリカでは故人の遺品をガレージセールのようなカタチで売却することが多い)で、発見されたというのです。

業者の調べによると、この1960年式の300SLロードスターは新車としてアメリカに上陸。故人の手に渡ったのは1976年のことだったそうです。新車のオーダーシートによると、現在のシルバーではなく、ブルーグレイ(カラーコード:DB166)だったそうです。

オーダーシートによると内装はブルーだったそうですが、黒に変更されているそうです。

故人が手を加えたのか、その前のオーナーが手を加えたのかは定かではないそうです。内外装の色替え、ってちょっとキナ臭く感じてしまいます。しかも、故人、この300SLロードスターを入手してから物置きに保管ってねぇ・・・、あらぬことを想像させます。

もとい。

走行距離わずか1万4588マイル、オリジナルのハードトップも完備、
ノーレストア(内外装の色替えがなされているが販売業者はそう主張) ということで現在、109万5000ドルで販売中です。

Chassis Number: 198.042-10-002544
Engine Number: 198.980-10-002592
Body Number: 198.042-10-00053  

復活させるには、結構なお金がかかりそうですねぇ・・・。

300SLロードスターを販売しているのはコチラ

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, Report, へぇ
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

トヨタとロータスの関係は一層強化する?

ロータスはバックヤードビルダーから変革を遂げようとしています。 エスプリをブランド・アイコンとして復活させ、プレミアムブランドへ格上げを目指しています。 フェラーリやランボルギーニなどをライバルにとら …

シボレー・ヴォルトに隠された嘘が明らかに

自動車王国でシボレー・ヴォルト(ボルトって書く人も居ますが・・・)に触れるのは初めてです。 電気自動車がもてはやされ、燃料電池車が理想で、って色々言われていますけど、 コスト面は実用性(特に航続距離) …

ケータリングサービス業者さん必須!

ケータリング・サービス、最近日本でも流行ってきました。 基本はウェディング、アニバーサリー、家族の集まりなどで活躍する、出張料理サービスです。 レストランに「行く」のではなく、レストランが「来る」んで …

Fだけでフェラーリのエンジンルームを描く

落書きじゃございません! 「F」の文字だけでフェラーリ(F430でしょうか?)のエンジンルームを描いた人が・・・。 正確には「書いた」かもしれません・・・。 3時間で生み出されたアート作品かもしれませ …

電気自動車、中古車で狙ってみては?

1999年、日産が投入したのが「ハイパーミニ」。 次世代コミューターのテスト用に開発された、超小型の電気自動車でした。 アルミスペースフレームに、ネオジム磁石同期モーターにリチウムイオンバッテリーを搭 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー