CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip Report へぇ

40年間埋もれていた300SLロードスター

投稿日:

最近、「バーンファインド」という言葉が日本語でもクルマ好きの間では大分、周知されてきましたね。Barn Findは直訳すれば、物置き小屋で発見、って感じです。つまりは“置き忘れ”・・・。

面白可笑しく取り上げられていますが正直、私には意味不明です。どうすれば、自分の保有するクルマを忘れるて放置するに至るのか、まったく理解に苦しみます (笑)。

なんでもオーナーが亡くなりESTATE SALE(アメリカでは故人の遺品をガレージセールのようなカタチで売却することが多い)で、発見されたというのです。

業者の調べによると、この1960年式の300SLロードスターは新車としてアメリカに上陸。故人の手に渡ったのは1976年のことだったそうです。新車のオーダーシートによると、現在のシルバーではなく、ブルーグレイ(カラーコード:DB166)だったそうです。

オーダーシートによると内装はブルーだったそうですが、黒に変更されているそうです。

故人が手を加えたのか、その前のオーナーが手を加えたのかは定かではないそうです。内外装の色替え、ってちょっとキナ臭く感じてしまいます。しかも、故人、この300SLロードスターを入手してから物置きに保管ってねぇ・・・、あらぬことを想像させます。

もとい。

走行距離わずか1万4588マイル、オリジナルのハードトップも完備、
ノーレストア(内外装の色替えがなされているが販売業者はそう主張) ということで現在、109万5000ドルで販売中です。

Chassis Number: 198.042-10-002544
Engine Number: 198.980-10-002592
Body Number: 198.042-10-00053  

復活させるには、結構なお金がかかりそうですねぇ・・・。

300SLロードスターを販売しているのはコチラ

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, Report, へぇ
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

車離れは報道よりも悪い状況ではない!

12月とあって、1年を振り返る「企画」が様々なところで行われています。 驚いたのは「車ネタ」がまだまだ捨てたものじゃない、という点です。 Googleの「年間検索ランキング」において、東京の堂々1位は …

エコもここまでやれば新興宗教の儀式

現代自動車がカナダで放映しているテレビCMに、批判があがっているようです。 制作にあたってCO2排出量を極限まで減らした、ことをアピールしているんです。 もちろん、クルマ自体もエコを謳ってはいるんです …

世界的ドレスアップブーム

コレ、ジャガー純正のエアロパーツなんです。その名も「エクステリア・スタイリング・パック」。 イギリスでは3月から販売を開始するそうです。 ノーマルのカッコに飽き足らない人は、自分の個性をドレスアップで …

no image

青田買いしたくなる、WRCの若手ホープ

フィンランド出身のカッレ・ロバンペラ君、8歳。今から注目の逸材です。 ホント、恵まれた環境ですね、ドライバー育成には。 先日お伝えしたポルシェ使いも見事でしたけど・・・、カッレ君にも脱帽です。 フィン …

赤字を垂れ流し続けるテスラは大丈夫?

日本でも華々しくショールームが東京・青山にオープンした、テスラ。 トヨタが出資したことで注目を浴び、最近ではパナソニックも出資したと報じられました。 っでテスラなんですが、第三四半期の決算で30億円弱 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー