CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip Report へぇ

クルマをタダで貰うためにどこまでやる?

投稿日:

 

もしクルマをタダで貰えるとしたら、どんなことに耐えられますか?応募券を集めて・・・、アンケートに答えて・・・、クジを購入して・・・、様々あると思います。

このブログ執筆時点の今、アメリカ・テキサスで行われているのがクルマにキス耐久選手権です。最後までクルマにキスし続けられた一人が勝者です。96.7Kiss FMというラジオステーションが主催し、サウスウェスト起亜が協賛。当たるクルマは起亜オプティマ(カムリと同じカテゴリー:乗り出し価格概ね200万円半ば)です。

YouTubeでは今、今、キスをし続ける参加者の模様が世界に配信されています。過去には50時間キスし続けたツワモノがいるそうですよ。

(画像をクリックすればYouTubeに飛びます)
この手のコンテスト、シンガポールでも毎年、地元の大手メディア「メディアコープ」がスバルの協賛で開催しています。コチラは2002年から毎年ですから、元ネタはシンガポールではないか、と踏んでいます。シンガポールならクルマの市場価値は日本やアメリカの3倍以上ですからね・・・。

クルマは大好きですが、ここまでの愛は注げません・・・。クルマなんかより異性とキスしたい(笑)。

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, Report, へぇ
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

関連記事

クリーンエネルギーがダーティになる瞬間

いやぁ、暑いですねぇ。いやっ、熱いです。 エアコンの設定温度が全般的に高めの昨今、余計に暑く感じます。 この時期は東南アジア諸国に限りますね(笑)。彼らは寒いほどにエアコン効かせますからっ。 日本でC …

前進あるのみのメドベージェフ大統領

「バットマンとロビン」と評される、ロシア・プーチン首相とメドベージェフ大統領の関係。 もちろん、バットマンはプーチン首相で、ロビンがメドベージェフ大統領でしょう(笑)。 強い兄貴分を見習って、弟分であ …

ネット先進国・韓国車の新しい取り組み

日本では苦戦を強いられている現代自動車ですが、 アメリカやヨーロッパでは大衆車メーカーとして立派に成長を遂げてきました。 工場も世界各国で展開していますし、それなりのシェアを確保しています。 そんな現 …

M・ベンツの次世代CLKカブリオレがキャッチされた

フロントマスクは、マイナーチェンジしたばかりのSLクラスにも似ていますね。 現行Cクラス、SLクラスの顔つきから思い浮かべれば、なんとなくイメージが沸きます? ベースはCクラスですが、今回からEクラス …

シボレー・ヴォルトに隠された嘘が明らかに

自動車王国でシボレー・ヴォルト(ボルトって書く人も居ますが・・・)に触れるのは初めてです。 電気自動車がもてはやされ、燃料電池車が理想で、って色々言われていますけど、 コスト面は実用性(特に航続距離) …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー