CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

全部乗って判ったGSベストバイ

投稿日:

GS主要グレードにイッキ乗り

さあ、みなさんおまちかね(だよね??)、注目のGS試乗記です。


GSには2グレードあって、V6を積む350とV8の430。試乗車としてはこの2グレードに4WDの350AWDを加えた3モデルが用意されていて、さらにFR車ではランフラットタイヤ装着車とそうでないノーマルタイヤ仕様の両方を試せた。
結論から言いましょう。もっとも良かったのは、350のノーマル17インチタイヤ仕様。ランフラットはやっぱり微妙なゴツゴツ感ポコポコ感が残っていて、振動や静粛性の押さえが効いたクルマだけに、軽く目立つのが嫌だった。
430と350の印象はまるで違うもの。端的に言って430は重厚感たっぷり、対する350はこのクラスのセダンとしては軽快感が先にたつ。350のV6はとても優秀なエンジンで、下はもちろん、上でも頼もしい力を発揮するから、クルマ的には十分パワフルだ。
V8はといえば、路面をなめるような走りが気持ちいい。しかも、アクセルの反応には激パワフル。意のままにというよりも、クルマのままに、といった按配。V8もランフラットよりノーマルタイヤが良かった。
乗っていて楽しいのは、やはりV6。ただし、ブレーキはV8がいい。それと、電子制御系。リアサス制御は、高速域でモノをいうがV6にも欲しい。
そう考えると、AWDも捨て難い。M・ベンツの4WDモデルのように、最初はやっぱり違和感を感じるけれど、乗れば乗るほど馴染んでゆく。2駆に比べて軽快感が少ない分だけ、安心感が高い。フツウに乗るなら意外に4WDモデルがいいのかも。
個人的に気になったのは、インテリアの質感。シボ加工のデザインは古いし、デザインもいかにもトヨタ車っぽい。これは他のレクサスにもいえるのだけれど、せめてハンドルのデザインぐらいはトヨタ臭さのないものにして欲しかった。だって、運転している間ってけっこう目に入るんですよ、ハンドルとかメーターとか・・・。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

no image

ザフィーラの燃料電池車に乗った

水素で走る環境に優しいクルマ開発中 新型ザフィーラの試乗は前回お届けしたとおりですが、試乗会では旧型ザフィーラベースの燃料電池車、ハイドロジェン3に同乗試乗させてもらいました。

no image

スズキMRワゴンは可能性の宝庫

ターゲットを徹底的に絞った軽自動車 軽自動車もついに細かな商品戦略が必要な時代になってきたようです。

ブルネイ国王が所有していた、チゼータV16Tがアメリカに!

ランボルギーニ・カウンタックやディアブロをデザインしたマルチェッロ・ガンディーニが手掛けた、チゼータV16T。ディアブロ用に描き上げたスケッチがベースで、当時ディアブロとして不採用とされたデザイン案が …

超絶富裕層は安心・安全をお金で買い、地下シェルターでクラシックカーも保全?!

スイスの「Oppidum(ラテン語で城市を意味)」という超富裕層向け地下シェルター専門会社があります。地球温暖化に伴う超異常気象、太陽活動の影響を受けるソーラーフレアによる停電リスク、不安定・不確実な …

バミューダトライアングルに挑むトヨタ

クルマのフロントシートの座面とセンターコンソールの隙間に、フロントシートの座面とサイドシルの隙間、フロントシートの前部下などにお金や書類などを落としたことはありませんか?シートを前後させたり、上下させ …

FaceBook

アーカイブ

カテゴリー