CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

Report 試乗会でこんにちは!

全部乗って判ったGSベストバイ

投稿日:

GS主要グレードにイッキ乗り

さあ、みなさんおまちかね(だよね??)、注目のGS試乗記です。


GSには2グレードあって、V6を積む350とV8の430。試乗車としてはこの2グレードに4WDの350AWDを加えた3モデルが用意されていて、さらにFR車ではランフラットタイヤ装着車とそうでないノーマルタイヤ仕様の両方を試せた。
結論から言いましょう。もっとも良かったのは、350のノーマル17インチタイヤ仕様。ランフラットはやっぱり微妙なゴツゴツ感ポコポコ感が残っていて、振動や静粛性の押さえが効いたクルマだけに、軽く目立つのが嫌だった。
430と350の印象はまるで違うもの。端的に言って430は重厚感たっぷり、対する350はこのクラスのセダンとしては軽快感が先にたつ。350のV6はとても優秀なエンジンで、下はもちろん、上でも頼もしい力を発揮するから、クルマ的には十分パワフルだ。
V8はといえば、路面をなめるような走りが気持ちいい。しかも、アクセルの反応には激パワフル。意のままにというよりも、クルマのままに、といった按配。V8もランフラットよりノーマルタイヤが良かった。
乗っていて楽しいのは、やはりV6。ただし、ブレーキはV8がいい。それと、電子制御系。リアサス制御は、高速域でモノをいうがV6にも欲しい。
そう考えると、AWDも捨て難い。M・ベンツの4WDモデルのように、最初はやっぱり違和感を感じるけれど、乗れば乗るほど馴染んでゆく。2駆に比べて軽快感が少ない分だけ、安心感が高い。フツウに乗るなら意外に4WDモデルがいいのかも。
個人的に気になったのは、インテリアの質感。シボ加工のデザインは古いし、デザインもいかにもトヨタ車っぽい。これは他のレクサスにもいえるのだけれど、せめてハンドルのデザインぐらいはトヨタ臭さのないものにして欲しかった。だって、運転している間ってけっこう目に入るんですよ、ハンドルとかメーターとか・・・。

googleアドセンス

googleアドセンス

-Report, 試乗会でこんにちは!

執筆者:


comment

関連記事

no image

新型ミニコンバーチブル極寒での試乗会

毎日オープン、どこでもオープン、のノリで楽しもう 2月の第一週に訪れたオーストリア、飛行機から降り立つと雪だった。にも関わらず、現場のスタッフに悲壮感はない。むしろ、この状況にあって”も笑 …

no image

グランセニック試乗会パート1

ルノーの新型モノスペースモデルを試乗 グラン セニックは、メガーヌベースのモノスペースモデル。このカテゴリー、ヨーロッパでは日本の5ナンバーミニバンのようなウケ方をしている。シトロエンクサラピカソやオ …

ポルシェカイエンから感じる牽引車の凄さ?!

ポルシェGB(イギリスの子会社)がカイエンSディーゼルでギネス世界記録樹立、とニュースになっています。なんでも・・・、285tもあるエアフランスのA380を牽引できたそうです。世界記録樹立のための条件 …

需要と供給が支配する中古車相場に異常アリ?!

去る8月5日、アメリカで落札された、1988年式M・ベンツ300CE 6.0AMGの金額を見て腰を抜かしそうになりました。最近の円安であることも影響して「76万1800ドル」は1億円強です。ん?1億円 …

ダッジは電気自動車になってもV8サウンドを維持?!

アメリカのマッスルカー代表格、ダッジが「SPEED WEEK 2022」という自社のイベントで、次世代ダッジ・チャレンジャー(電気自動車:BEV)を公開しました。正式名称は「ダッジ・チャレンジャー・デ …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー