CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip Report スクープ へぇ 新車情報

30年前の日本車にあったモノが進化?!

投稿日:2017年3月25日 更新日:

今から30年ちょっと前、日産スカイライン(7代目:R31型)が世界で初めて搭載したのがオートスポイラーです。時速70km/hを超えると自動的にフロントスポイラーがせり出し、時速50km/h以下になると自動的に収納されるものでした。本当に空力特性を向上させたか否かは微妙なところですが、ギミックとしては最高ですよね!

バブル期には三菱GTOが速度に合わせて可変させるアクティブエアロオ、アクセル開度に比例した可変マフラーなどで世間を賑わせました。いやぁ・・・、時間が経つのは早いっ(笑)。ちなみに、この可変マフラー開発者、アストンマーティンに転職しましたね。アストンマーティンV8のサウンドは、彼の”仕事”だったんですよ。(2:25からアクティブエアロの紹介です)

まぁ、可変リアウィングの類は様々な車両に採用されてきましたがここ最近、アクティブエアロがまた本格的になってきました。特にスーパースポーツ系での採用が目覚ましいですよね。ブガッティ・ヴェイロンなんてエアロブレーキまで採用していましたし。個人的にはコーナリング中のダウンフォースを確保するラ・フェラーリの姿にはつい惚れ惚れしてしまいます。

とまぁ、アクティブエアロの採用がかなり本格化してきたんですが、もっと身近(笑)なクルマでも採用されそうな雰囲気があります。ズバり、シボレー・コルベットへの採用が噂されているんです。噂の出どころは・・・、特許申請です。シボレーのコルベット担当者は「ノーコメント」を貫いているようですが、ヒジョーに気になる装備です。

Corvette active aero patent -4.jpg

Corvette active aero patent -3.jpg

Corvette active aero patent -1.jpg

Corvette active aero patent -2.jpg

かつてはギミックだったアクティブエアロが、いつしか本格的な走行性能向上装備となっています。昔のものに目を向ける、って大切なことかもしれませんね。

もっと詳しく特許申請書をご覧になるにはコチラ

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, Report, スクープ, へぇ, 新車情報

執筆者:


comment

関連記事

no image

豪雨のサーキットとセビリアでスーパーレジェーラに試乗

6月に富士スピードウェイで行われた、ランボルギーニガヤルドの軽量スパルタン仕様、ガヤルドLP570-4スーパーレジェーラの試乗会。 豪雨のサーキット試乗の”インプレッション”を …

youtubeに自分の犯罪証拠をアップし逮捕

昨年アップされた日産GT-R事故の動画が、今さら話題になっています。 雑誌カーセンサーEDGE内「EDGE SURFING」で取り上げた動画でした。 おそらく、世界初のGT-Rクラッシュでした。 この …

no image

クーペのようなVWパサートCC

日本におけるVWのフラッグシップ車というポジショニング ヨーロッパで最も売れているミドルクラスサルーン&ワゴンのVWパサート。その圧倒的に大きな母体を背景に、今後はさらなるスペシャリティ市場 …

ランチア・ストラトス復刻版を認めないフェラーリ

大評判だったランチア・ストラトス復刻版、フェラーリがNOと言っているようです。 当初、ワンオフとして製作された、ランチア・ストラトス復刻版ですが、 限定販売を望む声は多いようです。 Newストラトスに …

no image

新型トヨタカムリはビッグセダン

日本よりも世界で愛されてきました トヨタにとってカムリは、エスティマより大事なクルマです。最初はね、セリカの兄弟分やったんですよ。20年以上も前ですが、学生時代、ツウ好みのクルマとして人気でした。自動 …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー