CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

News Clip へぇ

アウディ・クワトロは「滅茶滅茶ブサイク」

投稿日:

audiquattroanniv.jpg
1980年代に一世を風靡したアウディのエポックメイキングな「スポーツ・クワトロ」。
デザインしたのは現在マツダ・ヨーロッパのデザイン責任者、ピーター・バートウィッスルです。
イギリスの自動車雑誌、AUTOCARが氏を取材。面白いコメントを取ったんです。
スポーツ・クワトロをデザインした張本人が「Bloody Ugly」と評したんです。
Bloodyを直訳すると「血まみれ」ですが、イギリス英語では「滅茶滅茶」とか「とても」の意味。
いやはや、誰もが口に出来なかったことを・・・(笑)。
スポーツ・クワトロは、アウディ80をベースにホモロゲーション取得のために作られたんです。
しょうがないですよね。でも、デザイナーの美的センスからは・・・、ブサイクだった・・・。
バートウィッスル氏、デザイナーとして明言しておきたかったんでしょうね。

でも、この走りっぷりには、誰しもが魅了されました。
クワトロ30周年記念の「クワトロ・コンセプト」、オリジナルに比べると上手くまとまりましたね。
シャシーを流用して、複数モデルを生産する技術が確立されたことの証なのかもしれません。
audi-quattro-concept-1.jpg
Our View
While speaking with Autocar, Peter Birtwhistle went on and called the legendary SWB
Sport Quattro “bloody ugly”. Birtwhistle is currently the chief designer at Mazda Europe,
he’s particularly well-suited to comment on the lines of the boxy Audi. According to the
designer, the biggest problem facing the car is that it rides on the Audi 80 platform,
and massaging the Sport Quattro design over those cumbersome bones required
some sacrifices.
On the other hand, Quattro Concept looks good even though it’s based on RS5 chassis.
It, probably, is fair to say that the technology in platform sharing has advanced over the
years. But we still love the legendary Sport Quattro for its great handling and sound!

googleアドセンス

googleアドセンス

-News Clip, へぇ

執筆者:

関連記事

高級住宅地の道路が私人の手に渡った?!

1948年まで白人専用高級居住地区だった、アメリカ・サンフランシスコ近郊のプレシディオ・テラス。Googleストリートビューで見ればわかるように・・・、今でも豪邸40軒が立ち並ぶ高級住宅地です。ゲート …

no image

プロモーションにWEBは不可欠

マセラティグランツーリズモのスペシャルサイトがオープンした。 いやはや、とにかくカッコ良い! エンジンの音だけを聞けるコーナーもあれば、動画もある。 こんなカタチでプロモーションを行うのは、もっと価格 …

水陸両用車が通販で買える?!

ホーバークラフトのキットが、アメリカで人気を集めているというニュースに出くわした。 早速、この販売を行っているユニバーサル・ホーバークラフト社のサイトにアクセスしてみた。 なんでもたった50万円ほどで …

no image

コルベットZR1は速いのか?

いやぁ実に素敵ですねぇ、こんな企画。 コルベットZR1が登場したので、ポルシェGT2、日産GT-R、そしてフェラーリ599で競争、ですって。 日本人としてはGT-Rを応援したくなるものですが、活躍した …

暇な週末の戯言・・・。

昨日、昼間に少し白金近辺を散歩をしました。 お約束のプラチナ通り・・・、相変わらず何が”セレブ”なのか意味不明でした。 っで、出くわしたのが80年代後半から90年代初頭にかけて …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー