CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

256気筒エンジン搭載の軽量オープンカー

投稿日:

legocar.jpg
LEGOって凄いですよね・・・。子供のオモチャ、という一言では片づけられないほど莫大な世界的需要を抱えているんですから・・・。トミカのプラレールやミニカーにも頑張ってもらいたいものです。
オーストラリア・メルボルン在住のスティーブ・サマーティオ氏、LEGOを使って車を作りたい、とネットで色々声がけをしていたようです。ルーマニア在住のLEGOの天才、ラウル・オナイダ氏と出会い、LEGO車両プロジェクトがスタート。クラウドファンディングで40名のスポンサーが合計約180万円寄付し、50万ピース以上のLEGOで完成したのがこの車です。


256気筒、圧縮空気で走るんです!最高速度は29㎞/h未満ですけど、ご立派!
そういえば圧縮空気で走るクルマとか、水で走るクルマとか、様々なベンチャー企業が一時出資を募っていましたけど・・・、特段何も聞きませんねぇ・・・。

A man from Melbourne, Australia, put together a full-sized hot rod made entirely out of Lego. No fewer than 500,000 of them were used to complete it. Steve Sammartino is his name and his black and yellow creation can be seen in the video posted below; the help of Raul Onaida, a self-taught Romanian teen tech genius.
It uses an actual working engine that’s also made from Legos, and has 256 working pistons that are driven by compressed air. The vehicle is capable of speeds no faster than 18 mph (29 km/h). The entire build cost $18,300, and was founded by over 40 willing patrons who chipped in.
Amazing.
What happened to all those companies who were looking for sponsors with their inventions of water-running, air running cars…???

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

シトロエンC5はまるでドイツ車・・・って

ワグナーの曲に併せて、ドイツにおけるフランス人紳士の活躍ぶりが写し出されています。 いやっ、ちょっと不思議なCMですが、なかなかユニーク。 フランス車だって、ドイツっぽい質実剛健ぶりを出せるんだ、って …

自動車泥棒が中華デリバリー?!

(Photo:Wikipedia) アメリカCBC(地元版:コネチケット州)で笑えるニュースが報じられていました。 なんでもコネチケット州ウェストハートフォードで中華のデリバリー車両を盗んだ自動車泥棒 …

【閲覧注意】ダブルレーンチェンジの重要性

ヨーロッパでは真剣に動物とクルマの衝突安全性について取り組んでいます。野生動物が道路沿いをうろちょろしているのが当たり前だからでしょうねぇ。 野生動物って結構な重量物ですから、高速でぶつかると大変なこ …

no image

中国で販売されている斬新なTシャツ

最近、シートベルトをせずに車を運転する人は減っていることと存じます。シートベルトを着用しないと警告音がうるさいし、何よりもシートベルトの重要性は広く知れ渡ってきていることでしょう。 まぁ、ユーモア商品 …

アストンマーティン・ブルドッグがひっそり復活中

アストンマーティン・ブルドッグというクルマをご存じでしょうか?ワイド&ローなプロポーションで角ばったスタイルは・・・、まるでテスラのサイバートラック。うーん、見れば見るほどサイバートラックに見えてきま …

Facebook

アーカイブ

カテゴリー