CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

自動運転技術の高まりで商機到来?!

投稿日:

イスラエルといえばキリスト教の聖地、エルサレム、ハイテク産業、パレスチナ問題、そして軍事産業が盛んなことで有名です。自動車王国が注目したのは、軍事産業です。
gnius.jpg
イスラエルは2008年から、国境警備に8-10台の自動運転車両を用いているんですって。G-NIUSという会社が車両を、車両運用のプログラムはベングリオン大学(イスラエル国防省の資金援助アリ)が開発。


プログラムには3モードを用意。①車両のステアリング、アクセル、ブレーキ遠隔操作 ②GPSを用いた自動運転ならびに車両に装着されたカメラやセンサーでの情報伝達 ③②に加えてコンピューターが必要と判断した場合は、周辺エリアの自動運転車両による偵察
現状、この自動運転車両に武器が搭載されているか否か定かではありませんが、ココまでできたら・・・、武器の搭載だって余裕ですよね。最近は「ドローン」と呼ばれる無人偵察機(しかもサイズは様々・・・地域をパトロールするものから爆撃機まで)の導入も盛んです。ホント、アニメのようなロボット戦争、突き詰めればコンピューターのプログラム同士の戦いの時代・・・、そう遠くないんでしょうねぇ。
自動運転トラクターもチョロチョロ出始めていますし

自動運転車両もかなり現実化しています

と同時に、自動運転車両が普及すると、ひとつのビジネスチャンスが到来するのでは?というのも、ドライバーがステアリングを握る機会が減ります。そうすると、今よりもサーキットでの走行需要が高まるんじゃないでしょうか?
Our View
It may take a few years for autonomous vehicles to change the way we travel, unmanned machines are already successful in some areas. Since the start of the program in 2008, approximately eight to 10 autonomous cars have been patrolling Israeli borders. The cars are produced by a company called G-NIUS, while the computer system that operates them has been developed by the Ben-Gurion University of the Negev. Funded by Israel’s Ministry of Defense.

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

スピードバンプにまつわる動画・・・

具体的な場所は不明ですが、ロシアで撮影された動画らしいです・・・。いつものごとく、恐ロシアな世界です(笑)。 「横断歩道」と「20km/h」の道路標識が見えますが・・・、まさかスピードバンプ(速度抑制 …

新型コルベットをシューティングブレークに?!

新型コルベットに新たな提案がなされています。コルベットやカマロのチューニングで有名なCallawayが「シューティングブレーク」を1万5000ドル以下で作れる、とコンセプトの発表をしているんです。その …

気になるじゃないですか、森喜朗先生!

(C)PTI通信 一瞬、我が目を疑いました・・・。フォトショップで森元首相が写真に入っているのでは? いえいえ、ちゃんと正式に完成式典に出席していたようなんです。 なぜなら、森元首相は日印協会会長なん …

平等を重んじたベントレーが問題?!

クリスマスも過ぎ、世間は忘年会最終日、お正月に向けた準備と大忙しのことでしょう。そんななか、イギリスDAILY MIRRO紙でクリスマスにまつわる、気になるベントレーの話題を発見してしまいました。 い …

【閲覧注意】ダブルレーンチェンジの重要性

ヨーロッパでは真剣に動物とクルマの衝突安全性について取り組んでいます。野生動物が道路沿いをうろちょろしているのが当たり前だからでしょうねぇ。 野生動物って結構な重量物ですから、高速でぶつかると大変なこ …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー