CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

新型コルベットをシューティングブレークに?!

投稿日:2013年3月16日 更新日:

新型コルベットに新たな提案がなされています。コルベットやカマロのチューニングで有名なCallawayが「シューティングブレーク」を1万5000ドル以下で作れる、とコンセプトの発表をしているんです。その名も「エアロワゴン」。スポーツカーをわざわざステーションワゴンにして・・・、優雅なクルマ遊びです(笑)。
Shooting-Brake-Corvette-C7-Callaway-01[4].jpg
CallawayはC7のチューニングも予定していて、最高速度は322km/hオーバーを目指しているんですって。だから、CallawayチューンのC7をシューティングブレーク化したら、最速FRワゴンの完成となるわけです。


個人的にシューティングブレークは、貴族や大富豪が特注する”至極の贅沢品”だと思っていました。だから、カタログモデル化されてしまうのも残念だし、こうやって値段が出てしまうのも寂しい感じがします。ミステリアスだからありがたみがあったと思うんですけどねぇ・・・。

詳しくはCallaway carsのホームページへ
Our View
Callaway Cars has come up with an aftermarket shooting brake concept “AeroWagon” for the new 2014 Corvette Stingray, which it says, results “in a unique style and increased interior space”. AeroWagon will be offered as an option for under $15,000, and when paired to its upcoming “Callaway C7”, which we assume will be more powerful than the regular 450hp Stingray, will be able to go over 200mph (322+ km/h).
Personally, I’ve always perceived “Shooting Break” as toys for billionaires, aristocrats and royals. So whenever shooting break becomes readily available like Ferrari FF, Mercedes-Benz Shooting Break… or whenever we see how much it costs to build one… it’s kind of disappointing. I quite like the mysteries surrounding shooting breaks…
For more information, head over to Callaway cars.

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

アストンマーティンの新筆頭株主ねぇ

アストンマーティンに新たな筆頭株主が登場しました。最近、高級バイクメーカー、DUCATIをVWグループに売却した、イタリアのインベストインダストリアルです。BMW、マヒンドラ、トヨタ・・・、という下馬 …

回生ブレーキならぬ回生サスペンション!

トランスミッションメーカー大手、ZFが回生ブレーキならぬ、回生サスペンションの開発に取り組むそうです。単独ではなく、アメリカのLevant Powerという会社と共同です。まぁ、ZFには申し訳ないんで …

スクープ写真/動画の広報活動・・・AMGS65

自動車王国ではいち早く2011年に先日、デトロイトでお目見えしたM・ベンツCLAを取り上げていました。そのときも記していますが・・・、スクープ情報って多くの場合、メーカーの意図的なリークに感じる昨今で …

1000馬力オーバーの戦い・・・、ふーん。

1500psの日産GT-Rと1600psのランボルギーニ・ガヤルドって・・・、もはやボクの理解の範疇を超えた争いです。だって65m級の貨物船のエンジン出力と一緒なんですもん(笑)。 ギア比とエンジンの …

北京の大気汚染に立ち向かう自転車乗り

北京の大気汚染、かなり深刻化しているようで・・・、日本にも汚染された空気が流れ込んできていることはご承知の通りです。マスクは当たり前ですし、新鮮な空気の缶詰が販売されるほど・・・。そんななか、とある中 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー