CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

アストンマーティンがエンジン供給契約延長

投稿日:

aston.jpg
アストンマーティンのエンジンはフォード・ドイツのコローン工場でV8とV12が作られています。とはいっても、完全にフォードエンジンなわけではなく、フォードエンジンをベースにアストンマーティン用にチューニングが施されています・・・。まぁ、フォードだってV12エンジンを搭載できるってことですけどねぇ(笑)。
っで、アストンマーティンはもはやフォード傘下ではありませんから、実はエンジン供給がどうなるのか注目していました。The Sunday Timesが報じたところによると、アストンマーティンとフォードはエンジン供給の契約を5年間延長したそうです。恐らくフォード傘下時代に開発したVHプラットホームも使い続けるんでしょうね。映画「007シリーズ」にアストンマーティン車両を提供する契約もフォード時代に結ばれたものですけど、この先どうなるのやら?
アストンマーティンの新エンジン供給元(技術提携含む)については、常にダイムラー社(AMG含む)が噂にあがっています。自動車王国独自ネットワークの情報によると、アストンマーティンは某国産メーカーとも接触しているようで・・・。ダイムラー社との話は立ち消えたわけではなく、とりあえず向こう5年はフォードエンジンで乗り切るってことでしょう。EU6(欧州排ガス規制)の導入もありますし、そう長々と同じフォード製エンジンでは対応できないはずですもん。
Our Views
According to the The Sunday Times, Aston Martin and Ford have agreed to extend their engine supply contract for another five years. Ford has been supplying Aston Martin with V8 and V12 engines made at its Cologne plant in Germany.
Head over to Sunday Times for more detail
http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/business/Industry/article1277518.ece

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

AMG、シューマッハ、開発陣・・・

イギリスのAUTOCARがF1チームのロス・ブラウンにインタビューし、ミハイル・シューマッハの今後のM・ベンツ社における役割が明らかになりました。AMGのいわゆるひとつの「ブランド・アンバサダー」なる …

免許取り消しになったら・・・、私道を造ろう

オーストラリアのコカコーラ・ボトリング元社長、ディーン・ウィルス氏はカー・ガイです。1997年、ウィルス氏が所有するマクラーレンF1をメカニックが事故で大破したことで、結構な騒ぎになったことを記憶して …

アストンマーティンの新筆頭株主ねぇ

アストンマーティンに新たな筆頭株主が登場しました。最近、高級バイクメーカー、DUCATIをVWグループに売却した、イタリアのインベストインダストリアルです。BMW、マヒンドラ、トヨタ・・・、という下馬 …

no image

ランボルギーニムルシエラゴを無駄にする方法

実は掲載を見送っていたのですが、今ネット上ではこの動画で話題がもちきり。 いやぁ、実にくだらないんですがね・・・。 街中で1速、2速、3速と小気味良くシフトアップして爆走していくんです。 あのエキゾー …

no image

中国で販売されている斬新なTシャツ

最近、シートベルトをせずに車を運転する人は減っていることと存じます。シートベルトを着用しないと警告音がうるさいし、何よりもシートベルトの重要性は広く知れ渡ってきていることでしょう。 まぁ、ユーモア商品 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー