CarKingdom.jp(自動車王国)

自動車をメインに、気になる身の回りのネタを編集人独自の視点で斬る自動車王国。

未分類

ポルシェユーザー必見の携帯電話?!

投稿日:2013年1月19日 更新日:

約3年前、自動車王国で取り上げたのは中国で流通する、ミニカー型の携帯電話です。きっとミニカー屋の金型を流用して、携帯電話のパーツを組み込んだんでしょうねぇ。いやっ、これがなかなかどうして、欲しくなるレベルだったんです。
BUGATTY-CAR-SHAPE.jpg
今回、ご紹介するのはポルシェの「鍵」です。カイエン以降、ポルシェは鍵でその車を再現するようになりました。パガーニ・ワイラの鍵をご紹介した際、自動車王国は呟いていました。「いっそのこと、こんな携帯電話(ブガッティ・ヴェイロン型)を作って、鍵にもなるようにしてもらったほうが・・・」と。ボクのアイディアが製品化されたのではないか、とコッソリ思っている次第です(笑)。
panamera_phone.jpg
はいっ、パナメーラの鍵型携帯電話が登場したんです!これがどうして、なかなかの出来映えで・・・、またまた欲しくなってしまいました。

SIMロックフリーですから、SIMカードさえあればどこでも使えます。一応、カメラで静止画・動画撮影(640 x 480)もできますし、ブルートゥースも内蔵、FMラジオも受信可能、だそうです。ロシアの通販サイトで約US$115で販売されています。
なんとなく気になったんでググってみたら、小規模卸サイトにもあるじゃないですか。最低ロット5機で、1機US$45!!最近、日本で販売される携帯電話が高くって、あまりのバーゲンプライスぶりにも驚きました。あとは高解像度カメラが搭載されるのを待つばかりです(笑)。
ちなみに自動車王国、鍵型の携帯電話に喜びながら、VERTUの偽物携帯電話には心底、萌えました。
Our View
We have always been fascinated by Chinese mobile phones. When we first encountered a miniature model car that had mobile phone inside, we were simply stunned. The Bugatti mobile phone shown above was featured almost 3years ago.
When we featured the key of Pagani Huayra 2years ago, we said… why don’t they make it into a mobile phone as well? And you know what? We found a Porsche Panamera’s key looking mobile phone from China!
Russians are selling them for $115 each… But I googled and found a whole seller which requires minimum order of 5. I was most fascinated by fake Vertu though…

googleアドセンス

googleアドセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

疲れたからちょっとストレッチ・・・

イギリスで免停になったリチャード・ニュートンなる人物が話題になっています。時速100km/hで走行中、手を後頭部にやり・・・、すっかりお寛ぎモードで運転しているところが、警察の監視カメラにバッチリ映っ …

日産GT-Rは戦闘機並みに速い?!

日産GT-Rのせいで・・・、ボクは車への興味が半減したと言っても過言ではありません。ボクにとって0-100km/h加速って重要なんです(笑)。ブガッティ・ヴェイロンでも買わないかぎり・・・、ほぼGT- …

no image

日本が世界を救う?

Japanese Invent Car That Runs on Water ! – Click here for the funniest movie of the week ロイターの …

256気筒エンジン搭載の軽量オープンカー

LEGOって凄いですよね・・・。子供のオモチャ、という一言では片づけられないほど莫大な世界的需要を抱えているんですから・・・。トミカのプラレールやミニカーにも頑張ってもらいたいものです。 オーストラリ …

ベントレーのドアは危ない・・・、ってクレーム

アメリカといえばコカコーラ、マクドナルド、そして訴訟です。どんな些細なことだろうと、自己責任だと思うようなことでも、法的に突っ込める余地があれば、ズドーンと訴訟です。しかも恐ろしいのは日本と違って懲罰 …

FaceBook

Instagram

アーカイブ

カテゴリー